eBayで金色のTechnicsのターンテーブルセットがおよそ170万円で出品され話題に

海外のオークションサイトeBayで金色のTechnicsのターンテーブルが2台でおよそ170万円の値を付けて出品され、話題になっている。

 

出品されているのは2004年にTechnicsが発売したSL-1200GLDというモデルのほぼ新品2台セット。これはTechnicsのターンテーブル生産累計300万台達成記念し、ゴールド仕様モデルで全世界3,000台限定で発売したものだ。うち日本国内で500台限定で2004年3月に発売された。

シリーズ最上位モデルの「SL-1200MK5G」をベースにした特別限定モデル。トーンアームなどに24金メッキを多用。上面を光沢ブラック仕上げとし、さらに限定シリアルナンバーを刻印した記念プレートを装着している。

そのほかの仕様はSL-1200MK5Gと同等。ターンテーブルとモーター回転子(ステーター)を一体化したD.D.(ダイレクトドライブ)モーターを採用し、0.7秒で定速回転に到達する。回転制御にはクォーツシンセサイザーを使用。起動トルクは1.5kg・cmとなっている。

このターンテーブルセットにはOrtofonの金色のレコード針が付いてくる。

ちなみに日本のヤフオクでは中古だが、1台335000円で落札されている。

入札はこちらから。

via FACT

related

ウルフパックジャパンがレコードプレスをより身近にする新プランをスタート

メジャーレーベルのプレスも引き受ける欧州最大のレコード工場GZ Mediaの正規代理店であるウルフパックジャパンが、お得な新プランを先週からスタートさせた。

Red Bullが「Walkman」とTechnicsの「SL-1200」を題材とした長編ドキュメンタリー映像を公開

世界を変えたふたつの日本企業の製品、Sonyのポータブルカセットプレイヤー「Walkman」と、Technicsのターンテーブル「SL-1200」を題材とした長編ドキュメンタリー映像『Playing it Old School』が、YouTube及びRed Bull TVで公開された。

笹塚ボウルで全国各地のレコードショップなどが集まったフリーマーケットを開催

4/21(日)に東京・笹塚のボーリング場・笹塚ボウルで新興のヒップホップアパレルRap Attackが主催するフリーマーケットが開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。