「Chanceにグラミー賞を!」Chance the RapperがBillboard紙に意見広告を掲載

Chanceはグラミー賞のノミネートを確実なものにするため、Billboard紙に紙面広告を掲載した。

レーベルに所属せず活動するChance The Rapperがストリーミングのみでリリースしたアルバム『Colouring Book』はグラミーの選考基準さえも変えようとしている。

来年2月12日に開催される59回目のグラミーにノミネートされるためには、2015年10月1日から2016年9月30日にアルバム作品を発表されなければいけないのだが、Chanceは今年5月に発表しているため、とりあえず第一関門はクリアだ。

Billboard紙に掲載した広告にはMTV VMAsで撮影した写真を使用し、キャプションに「HEY, WHY NOT ME?(なんでおれじゃないんだ)」というシンプルなものを使用。

Chanceはさらに意見広告を掲載するつもりだという。

via the Fader

related

Chance The RapperやYGがKanye Westの大統領選出馬を支持すると発言

先日、新党「Birthday Party」を立ち上げ大統領選に出馬する意向を改めて表明したKanye West。人工妊娠中絶や反ワクチンの思想を大々的に表明したことで物議を醸しているKanyeの政界進出だが、Chance The Rapperが彼を支持すると発言し話題を呼んでいる。

J. Coleが新曲“Snow On Tha Bluff”でBLMについて声をあげるNonameをディスしたと話題になる | Earl SweatshirtやChance The RapperらはJ. Coleを批判

今週、突如として新曲“Snow On Tha Bluff”をサプライズリリースしたJ. Cole。現在世界的に盛り上がりを見せている「Black Lives Matter」運動や警察による暴力について言及しながらも、それに対して自身の力が及ばないことを吐露したこの楽曲は大きな話題を呼んでいるが、リリックの中にシカゴのラッパーNonameをディスしたと思われるラインが含まれていることでファンは騒然となった。彼女に宛てたと思われるラインは一部のファンから批判を寄せられるにまで至っているが、そのような状況に対し様々なアーティストが反応している。

Cardi B、T.I.、Chance The Rapperらが審査員を務めるラップオーディション番組『リズム+フロー』がNetflixで配信開始

Cardi B、T.I.、Chance The Rapperの3人が審査員を務めるラップオーディション番組『リズム+フロー』が、10月9日よりNetflixで配信開始となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。