starRo、1stフルアルバム『Monday』からCharaとの共演曲“カクレンボ”のミュージックビデオ

SOULECTIONに所属するLA在住のプロデューサーstarRoが、2016/10/26(水)にTOY'S FACTORY/MIYA TERRACEより発売する自身の1stフルアルバム『Monday』から、Charaを客演に迎えた日本盤のリード曲“カクレンボ feat.Chara”のミュージックビデオが公開された。

 

 

楽曲が持つスペーシーな浮遊感にCharaの歌声特有の強い生命力が加わった、幻想的でどこか力強さを感じさせるこの楽曲。ミュージックビデオでは「胎児の脳内で芽生える未来への想像(期待)と創造」をテーマに、水に舞うインクや油、クラゲなどのマテリアルを用いてそれを表現している。監督・制作チームは水曜日のカンパネラなどのミュージックビデオを手掛けるTai Nakazawa、Bubble Wrapチームに加え、現代美大生クリエイターの前田遥などが参加している。

なお、『Monday』の発売に先駆けてトラックリストが公開されており、Chara以外にもJesse Boykins III世やJoyce Wriceなどといったアメリカの気鋭ボーカリストや、NIPPS、Jinmenusagi、 METEORといったジャパニーズヒップホップMCなど、国内外の注目アーティストが多数参加。アルバムは10/1(土)よりiTunesにてプレオーダーがスタートしており、リード曲“カクレンボ feat. Chara”が先行でダウンロード可能となっている。(Yuuki Yamane)

アルバムINFO:

アーティスト名:starRo

タイトル:Monday

発売日:2016/10/26(水)

価格:1,980円(税込)

品番:TFCC-86568

1.A New Day
2. I Wish feat . Jonah4lyfe

3. My Oh My feat . Jesse Boykins lll

4. Can’t Take It Back feat . Gavin Turek

5. Runaway feat . Joyce Wrice

6. Do You Still Want Me

7. You feat . J Rican
8. Relapse feat . One T

9. Love feat . Ralph Washington

10. Yams feat . Masego

11. Serendipity feat . BrandUn DeShay

12. Kiss Kiss feat . Bosco

13. Song For Me feat . Lindsay Olsen

14. Get Me Outta Here feat . NIPPS , Jinmenusagi , METEOR

15. カクレンボ feat . Chara

related

【イベントレポート】『City Connection』|クリエイティビティが交錯する刺激的な一夜

Manhattan Portageが主催する、都市型音楽プロジェクト『City Connection』。昨年は代官山UNITの3フロアに渡って開催され大盛況を収めた同イベントは、本格的始動を予定していた今年、コロナ渦によって延期が繰り返され、DOMMUNEにて5時間の生配信という形での開催が決定した。本来は配信限定である今回の『City Connection』、幸運にも現場に参加することが出来たFNMNLでは、熱気あふれる5時間の模様を写真とレポートでお届けする。

リモートで楽曲を制作するプロジェクト『TELE-PLAY』が始動 | 第一弾にはChara、SIRUP、TENDRE、BASIなどが参加

CRCK/LCKS・象眠舎としても活動する小西遼が発案したリモートコラボで新たな音楽制作の形を実現するプロジェクト『TELE-PLAY』が始動した。

『WONK’s Playhouse』にCharaのゲスト出演が決定

WONKがホストバンドを務め豪華ゲストを招く自主企画『WONK’s Playhouse』。IOやkiki vivi lilyなどのゲストに続き、第六弾ゲストとしてCharaの出演が発表となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。