5万枚のレコードが地下室で発見され、ゴミ回収業者はレコードマニアに無料で配布!

マンチェスターのある建物の地下室にレアなレコードを含む5万枚ほどのレコードが打ち捨てられているのが発見された。

業者が建物のゴミを処理している時に多種多様なジャンルを含む5万枚のレコードを発見。この大量のコレクションの引き取り手を探すために業者はFacebookにこの件をポスト。当然のごとく、レコードマニアから山のようにメッセージが届いたという。

 

EGP MEN RecordHouseClearance 290916 013JPG

業者のスポークスマンはすでに20人以上の人がレコードを引き取りに来たと取材に答える。どうしてポストしたかと言うと、レコードをゴミにしたくなかったからということだ。レコードは浸水した地下室にあったため、大方がダメになっていたが、いくつかのレコードの状態は大丈夫だそうだ。

EGP MEN RecordHouseClearance 290916 001JPG
肝心のこのコレクションの持ち主は誰なのか?ということなのだが、これはレコードショップPandemonium RecordsのオーナーであるGeorge Davenportのコレクションではないかと噂されている。

2012年に彼はコレクションを地下室からどかすように大家から言われていた。彼は地下室にコレクションをそのままにしていたのだが、2014年に地下室に浸水がありコレクションがダメになってしまった。そこで彼は大家から損害賠償を得たということだ。しかし、その後彼がどうなったか、そしてこのコレクションが彼のものなのかどうかはまだ確認されていない。

EGP MEN RecordHouseClearance 290916 019JPG

via Manchester Evening News

related

THE NORTH FACE STANDARDからレコードバッグの新型が登場

THE NORTH FACE STANDARDから、オリジナルレコードバッグの新型BC CRATES 12と、BC CRATES 7が、8月23日(月)より発売される。

ウルフパックジャパンがレコードプレスをより身近にする新プランをスタート

メジャーレーベルのプレスも引き受ける欧州最大のレコード工場GZ Mediaの正規代理店であるウルフパックジャパンが、お得な新プランを先週からスタートさせた。

笹塚ボウルで全国各地のレコードショップなどが集まったフリーマーケットを開催

4/21(日)に東京・笹塚のボーリング場・笹塚ボウルで新興のヒップホップアパレルRap Attackが主催するフリーマーケットが開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。