A Tribe Called Questが屋上でライブを行ったクイーンズのクリーニング屋に描かれた壁画をめぐるドキュメンタリー

9月24日、A Tribe Called Questが名盤『Low End Theory』を発表してから25年が経った。多くの人の人生を変えたアルバムの25周年とクイーンズの街、文化を祝うため、ある男たちはそれを記念する絵をNYのクイーンズにある「とあるクリーニング店」の壁面に描いた。

 

クイーンズのNu Clear Dry Cleanersが入居する建物の壁面に『Low End Theory』のジャケットを模した絵が描かれた。その建物はA Tribe Called Questが"Check The Rhime"のMVの撮影を行った伝説的な場所なのだ。

Okayplayer がそのドキュメンタリー動画を制作、公開している。

A Tribe Called QuestのメンバーのPhife Dawgが3月に亡くなる前に、A Tribe Called Questがすでに6枚目のスタジオ・アルバムの録音を終えていることを、Epic Recordsは公表している。

RELATED

『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』|大麻と音楽や人種差別の歴史、そして合法化の先を描くドキュメンタリー

先日4月20日、Netflixにてドキュメンタリー『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』の配信が開始された。このドキュメンタリーはヒップホップレジェンドであるFab 5 Freddyが監督と案内人を務め、アメリカにおける大麻の過去と現在を紐解いていくものである。

エルトン・ジョンが「A Tribe Called Questは最も画期的なヒップホップグループ」と語る

Young Thugの“High”への参加も話題になるなど、近頃はヒップホップシーンとの繋がりも深いエルトン・ジョン。そんな彼と、A Tribe Called QuestのQ-Tipとの対談がBeats 1にて行われたようだ。

スイスの研究者が「ヒップホップを聴かせながら熟成させたチーズは美味しくなる」と発表

「音楽を流しながら育てた野菜や家畜は美味しくなる」といった話を耳にしたことはあるだろうか?日本では「モーツァルトを流しながら育てた野菜が美味しくなる」というものが有名だが、今回、スイスで「ヒップホップを流しながら熟成させたチーズが美味しくなる」という発表がなされた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。