Tinasheが新作『Joyride』のリリース延期の理由を明かす

シンガーのTinasheは今年前半にニューアルバム『Joyride』をリリース予定だったが、9月になっても未だにリリース日のアナウンスもされていない。

 

今年予定されていた来日も延期し制作に打ち込んでいたはずのTinasheになにが起こっているのだろうか。Nylonに先日掲載されたTinasheのインタビューによれば、彼女はレーベルからのサポートが得られずに孤立無援になっているようだ。

『でも一体どうやって私をサポートしようとしているの?誰も私をTV出演させてくれないし、レーベルは私の次回作について確実にサポートしてくれないでしょうね。プロデューサーたちはギャラがもらえないからと、私に対して腹をたてるでしょうね。もしSoundCloudに曲をアップしただけだと、私もレーベルもお金を得ることはないわ。それはビジネスの側面だわ。常に意見のズレがあるの、彼らは常に逆方向からしか物事を見ていないから。私はプロデューサーたちに腹をたてるようなことはないわ」とTinasheはレーベルやプロデューサーと十分な意思疎通が図れていない現状を告白した。

こうしたエピソードはFrank Oceanと前所属レーベルのDef Jamの間でも起こっている。Frank OceanはDef Jamにたいして「夢と才能を持ったキッズたちを最後まで見守るつもりのない全ての会社はクソだ」と語っていたが、Tinasheの新作『Joyride』のリリースはいつになるのだろうか?

 

related

Tinasheが「人種に基づいてカテゴライズされた音楽ジャンルを廃止するべき」と語る

LA出身のシンガーで、新世代のR&Bアーティストとして大きな支持を集めているTinashe。そんな彼女が、音楽ジャンルのカテゴライズについて疑問を呈している。

Tinasheの来日公演が7月に開催決定

LA出身のシンガーで最新アルバム『Joyride』も話題となったTinasheの来日公演が7/4(木)に東京・渋谷のWWW Xで開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。