Frank OceanはDef Jamからアルバムリリース前に契約解除をされていた?

Frank Oceanが8月19日にDef Jamからヴィジュアル・アルバム『Endless』を発表した24時間後に、自主レーベルから『Blonde』をリリースした。

 

Beyonce やKendrick Lamarらの客演を擁した17曲収録のこのアルバムは、ビルボードのアルバムチャートで首位を獲得。Frank Ocean は本作のリリースをDef Jam側に伝えてなかったとされ、アルバムの快進撃と並行して数々な話題を呼んでいる。

この件に関しては、『Endless』がFrank OceanとDef Jam間のレコード契約条項を満たすためだけに発表されたとの推測がなされている。しかし、Complexが伝えるところによると、そのようなことは全くなく、むしろ両者の仲違いを理由にDef Jam側は早急にFrank Oceanとの契約を解除したとのことだ。

情報によると「彼はレーベルに所属することを望んでいない」とし、「契約上の義務が残っていようと、彼は自身の契約解除の為に何かしらの交渉をしたと確信している」とまで言い切っている。

Frank OceanとDef Jam間の関係悪化は今に始まった事ではない。Frank OceanとDef Jamとの関係は、自身初のグラミー賞獲得作品であり、彼の名を世に知らしめた2012年の『channel ORANGE』におけるレーベル契約から始まっているが、両者の関係性は良好なものとは言い難かった。

例えば2011年には彼のソロ・デビュー作となるミックステープ『Nostalgia, Ultra』のリリース後に、ツイッター上でレーベル批判を展開している。レーベルを「衰退している会社」と形容し、「Def Jamと、夢と才能を持ったキッズたちを最後まで見守るつもりのない全ての会社はクソだ」と痛烈に批判するなど、ソロ活動の開始期からレーベルへの不信感は持っていたのだ。

しかし、Frank Oceanは、この自主レーベルからリリースした『Blonde』から思いがけない収入を得たという。報道によれば、相殺決済が可能になる数百万ドルが彼の手元に転がりこんだのだ。現在フィジカル・アルバムの配給元を探していると噂されるFrank Ocean。もともとはアップルの独占配信だったものが、現在はSpotifyでも配信されている。(伊藤経秀)

Via Complex

related

【特集】「私と『Blonde』」vol.2|「自己」の多層性を開ける

Frank Oceanが2016年8月20日にリリースした歴史的名作『Blonde』から、今年で早5年。多くのリスナーに衝撃をもって迎えられた同作は、現在に至るまで様々な分野のアーティストに絶大な影響を与え続けている。

【特集】「私と『Blonde』」vol.1|butasakuによる往復書簡

Frank Oceanが2016年8月20日にリリースした歴史的名作『Blonde』から、今年で早5年。多くのリスナーに衝撃をもって迎えられた同作は、現在に至るまで様々な分野のアーティストに絶大な影響を与え続けている。

グローバルな音楽ディストリビューター『SPACE SHOWER FUGA』が誕生

昨日9/1にオランダ/アムステルダムを拠点に業界最先端のディストリビューションシステム、アナリティクスシステム、 印税計算システムなどを提供しているFUGA社とスペー スシャワーネットワークのジョイントベンチャーにより、SPACE SHOWER FUGAが誕生した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。