グライムミュージックの復活を象徴付ける2度目の快挙!グライムMCのSKEPTAのアルバム『Konnichiwa』が2016年のマーキュリー賞を受賞!

グライムMCのSkeptaがDavid BowieやRadioheadらを押しのけてマーキュリー賞を受賞した。

マーキュリー賞は英国もしくはアイルランドで毎年最も優れたアルバムに送られる、ミュージック・アワード。2003年に当時18歳のグライムMC、Dizzee Rascalが受賞した以来、13年ぶりにグライムシーンのアーティストが快挙をなしえた。

昨日行われた授賞式でSkeptaは両親をステージに迎えて、マーキュリー賞を受賞。授賞式の途中で"Shutdown"のパフォーマンスを行った。

Skeptaは"Shutdown"の途中の歌詞

I bet I make you respect me
When you see the mandem are selling out Wembley

I bet I make you respect me
When you see Beyoncé twerking at Wembley

と歌詞を変えて、授賞式の参加者やオーディエンスから大きな歓声を受けた。

このリリックは、Beyonceが「Formation World Tour」のロンドン場所Wembleyスタジアムで、Skeptaの曲"That's not me"や"Gang(Man)"に合わせてBeyonceがダンスをしたという逸話にちなんでいる。

You looked amazing at Wembley last night @Beyonce wish I was there with you ??? #SHUTDOWN

A video posted by SKEPTA (@skeptagram) on

Skeptaは"Shutdown"のパフォーマンス中、ロンドンで行われた"Black Lives Matter"運動の一環として行われたデモの写真を背面モニターに投影し、政治的な意見表明も行った。

Skeptaは今年5月東京でKonnichiwa LaunchパーティをBoiler Roomの協力によって渋谷マンハッタンレコード行っている。

RELATED

SkeptaがベルリンのライブプラットフォームCOLORSで“No Sleep”をパフォーマンス

先日ニューアルバム『Ignorance is Bliss』をリリースしたSkeptaが、アーティストのライブを動画配信するベルリンのプラットフォームCOLORSに登場。『Ignorance is Bliss』から“No Sleep”をパフォーマンスしている。

A$AP RockyがOtis Reddingのソウル名曲"(Sittin' On) The Dock of the Bay"のカバーを披露

今年アルバム『Testing』をリリースしたA$AP Rockyが、名ソウルシンガーのOtis Reddingが1968年にリリースした名曲"(Sittin' On) The Dock of the Bay"のカバーを、Triple Jの名物カバーシリーズで披露した。

A$AP Rockyの新作からSkeptaをフィーチャーした"Praise the Lord (Da Shine)"のNYとロンドンのストリートを映すミュージックビデオ

A$AP Rockyのニューアルバム『TESTING』から、UKにおけるRockyの盟友であるSkeptaをフィーチャーした"Praise the Lord (Da Shine)"のミュージックビデオが公開された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。