Rolandの808とSeratoのDJコントローラーが合体したらどうなる?という考えを実現させてしまった新ミキサーDJ-808はDJの定義を変える

SeratoとRolandは新製品発表会「909 Day」にて新たな4チャンネルミキサーDJ-808を発表した。名前を一目見るだけで、これが単純にSeratoを操作することができるDJコントローラーではないことがわかる。

 

808の名が付いているように、DJ-808にはSeratoコントローラーの他に、シーケンサー、ボーカルツール、外部機器接続機能が付いている。

Seratoはプレスリリースにて「DJの役割を変えるものだ」と語っている。DJ-808はRolandとSeratoがイチから「DJコントローラーとは?」を考え、設計した。DJとライブパフォーマンスがより接近するとCEOは考えているようだ。

こちらからDJ-808の実演を見ることができる。

DJ-808 Roland / Serato

related

Rolandからスマートフォンでも使用可能な無料の音楽制作アプリ『Zenbeats』が配信リリース

Rolandが手軽にエレクトロニック・ミュージックをはじめとする音楽の制作を楽しめる無料アプリ『Zenbeats』を、昨日より配信開始した。

Roland TR-808が国立科学博物館の 「重要科学技術史資料」に登録

Rolandが1980年に発売し、さまざまな音楽シーンに大きな影響をもたらしたリズムマシンTR-808が、国立科学博物館によって2019年度「重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)」に登録された。

ローランドがビートに合わせて映像を簡単に加工できるアプリ『Beat Sync Maker』をリリース

ローランドが楽曲のビートに合わせて簡単に視覚エフェクトを加えることのできるスマートフォン用の動画加工アプリ『Beat Sync Maker』を、本日11/26にリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。