Fabricの設立者が、営業ライセンス剥奪に対し抗議していく意思を示す

未成年のドラッグ関連の死亡事故により営業ライセンスを剥奪され、営業停止の危機に追い込まれているロンドンの名門クラブFabric。

 

今週火曜日に行われた行政や警察との議会においてもライセンスの再取得が認められなかったことを受け、Fabricの共同設立者であるCameron Leslieが、これらの決議に抗議していく考えを示した。

また、火曜日の決議を受けFabricは以下の声明を出している。

「我々は、Fabricの営業ライセンスを剥奪するという議会の決定を非常に残念に思っています。Fabricを閉店するということは、ドラッグに関する問題の本質的な解決にはつながりません。そしてこの決定は、ロンドンのこれからのナイトライフに大きな経済的打撃を与える判例となってしまうでしょう。また我々は、Fabricとロンドンのナイトライフを守るために、15万人以上の方々が署名してくれたことに非常に感謝し感銘を受けています。(抜粋)」

声明が掲載されているFabricのFacebookページはこちらから。

(辻本秀太郎)

 

related

イギリスの名クラブfabricと同じ名前を名乗る偽物クラブが中国でオープン

イギリスを代表するロンドンの名クラブfabricそっくりなクラブが、中国でオープンした。同じfabricという店名を名乗り、ロゴも酷似しているとのこと。

ロンドンのクラブFabricが16年間使用してきたスピーカーをチャリティ・オークションへ

昨年ライセンスを剥奪されるも再オープンを果たしたロンドンのクラブFabricが16年間使用したスピーカーをeBayでオークション販売している。

閉鎖の危機にあったfabricが再び営業ライセンスを与えられる

閉鎖の危機にあったロンドンのクラブfabricについに再び営業ライセンスが与えられることになった。世界中でDJやクラバー達が参加して #savefabric キャンペーンが行われ、オンライン署名サイトchange.orgでは16万人以上もの賛同を集めた他に、fabricのウェブサイトでも賛同したアー...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。