麻薬をめぐる果てのない戦いを描く『ナルコス』シーズン2が本日より全世界配信開始

Netflixオリジナルドラマ『ナルコス』は 80年代後半、大量のコカインをコロンビアからアメリカに密輸した麻薬カルテルのリーダー、パブロ・エスコバル率いるカルテルの暗躍と、それを阻止しようと尽力したアメリカ麻薬取締官(DEA)やコロンビア警察との攻防戦を描く実録クライムアクション・サスペンスで中南米から世界に広がり大ヒットしている。

 

監督はブラジル出身の気鋭ジョゼ・パリージャ(『ロボコップ』リブート版、『エリート・スクワッド』)、ブラジル人俳優ワグネル・モウラ(『エリート・スクワッド』)がパブロを熱演。言葉の壁を越えスペイン語で世界初の“麻薬テロリスト”と認定される一方で、コロンビアの国会議員となり貧しい人々を助け、長者番付に載るほどの富を築いた魅惑的で矛盾に満ちた人生を送るパブロを演じきる。

ナルコス

パブロがコカインビジネスを始め、刑務所を脱走するまでの10年が描かれたシーズン1。待望のシーズン2では、パブロ脱走後、コロンビア政府が容赦ない追跡を開始。カルテルに終結をもたらすためルール無用の全面戦争が始まります。そして93年、歴史に残る世界に衝撃を与えたパブロの死の真相は…アクション満載、衝撃の展開に目が離せない。

related

【コラム】ヒップホップシーンから新型コロナウイルスにまで影を落とす陰謀論の危険性

新型コロナウイルスの蔓延に伴い、アメリカ人の3割が「ウイルスは研究所で人工的に作られたものである」という陰謀論を信じている、との調査結果が発表された。確かにウイルスの実際の出所にはまだ不確定な要素は多いものの、アメリカではトランプ大統領、日本では麻生財務大臣を始めとする国会議員やその支持者が新型コロナウイルスを発生源となった都市の名称で呼ぶなど、このような軽はずみな議論はレイシズムに繋がりかねない。

【レビュー】Childish Gambinoことドナルド・グローヴァーの出世作『コミ・カレ!』| 多様性を描くシットコム

2009年から2015年まで放映され、現在も根強いファンベースを持つ『コミ・カレ!』(原題、Community)が4/1からNetflixで配信され、「世界(のとくにヒップホップ・ファン)がガッツポーズをした」状態になっている。

【特集】今だからこそ観たいNetflixの音楽をテーマにした作品

新型コロナウイルスの影響により家にいる機会が何かと多い現在、映画やドラマなどを観てリフレッシュしている人も多いだろう。そこでFNMNL編集部は、ストリーミングサービスのNetflixで観る事ができる、音楽をテーマにしたおすすめ作品をピックアップ。 時間のある今だからこそ観たいものが盛りだくさん...

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。