Young Thugの新作『JEFFERY』に登場する悲劇のゴリラ「ハランべ」とは?

先週の金曜日にアトランタラッパーのYoung Thugが新作『JEFFERY』をリリースした。この10曲入りの作品は、ボーナストラック扱いの"Pick Up the Phone feat. Travis Scott & Quavo"を除いて、Thugにとってのアイドルの名前がトラック名につけられている。

 

例えば"Guwop"はアトランタのトップラッパーでThugを見出したGucci Maneの愛称であり、"RiRi"はRihannaのことだ。他にもバトンルージュの名ラッパーWebbieやアーティスト以外だとボクサーのFloyd Mayweatherの名前がついたトラックも収録されている。

『JEFFERY』の中で1曲人間以外の名前がつけられているのが7曲目に収録されている"Harambe(ハランべ)"だ。レゲエアーティストRita Marleyが1982年にリリースしたアルバムタイトル『Harambe』から名付けられたハランべは、シンシナティーの動物園で飼育されていたオスのゴリラだ。ハランべは今年の5/28に3歳の男の子がハランべの柵に落ちてしまい、子供を保護するために職員によって射殺されてしまった。

ハランべが射殺されるまでの経緯は、Youtubeに動画がアップされており、その是非を巡って論争が起きた。動物園側は男の子はハランべに引きずられていて、そのままだと子供の命が危なかったと主張しているが、そもそもゴリラは穏やかな性格で、ハランべが子供を傷つけようとしていたかはわからないという意見も数多い。署名サイトChange.Orgには"ハランべの正義のために"という子供の両親に説明責任を求める請願がたてられ48時間で33万筆の署名が集まった。また大手ヒップホップサイトWorldStarHiphopが、「2016年に死去した偉人」というツイートにPrinceやDavid Bowie、モハメド・アリなどとともにハランべの名前をリストに入れるなど、インターネットでも広くその死は話題になった。

Young Thugは"Harambe"のリリックで直接的にハランべについて言及しているわけではないが、「Ape shit nigga, Godzilla, nigga, act up(興奮しろ、ゴジラのように、暴れろ)」というラインにはThugなりのハランべへの追悼ともとれるリリックが感じられる。またハランべについては韓国系のラッパーDumbfoundedもトリビュートチューンを作っていて、こちらはハランべの射殺を警察の暴力に重ね合わせた歌詞となっている。

related

アドビがYoung Thugの新作『Punk』をテーマにしたクリエイティブチャレンジを開催 | グランプリの作品を用いたジャケットをYoung Thugが着用へ

アドビが10月にニューアルバム『Punk』をリリースするYoung Thugとクリエイティブチャレンジを開催する。

インディラップの名盤500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行

DU BOOKSから1991年から2020年までインディレーベルからリリースされたヒップホップ作品500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行される。

Lil DurkがミームとなったYoung Thugとの画像について詳細を明かす

2年ほど前、コラボ曲を制作していたYoung ThugとLil Durkがパソコンを見つめる画像がインターネットミームとして流行したことを覚えているだろうか?Young Thugの神妙な面持ちとLil Durkのポカンとした表情がなんとも可笑しいこの画像は現在でもしばしばTwitter等で用いられているが、今回、Lil Durkが画像についてのSNS上の声に反応した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。