Tropical Discoフォトレポート!今冬に最大規模のパーティーの開催も発表!

2015年辺りからハウスシーンの中でも、特徴的なフワっとしたシンセにホーンが織りなすバカンスにいるようなメロディーと、普通のハウスよりもBPMを落としたグルーヴ感で話題になってきたトロピカルハウス。今年のUltra Music Festival Japanにも出演がきまった大人気クリエイターKygo(カイゴ)を筆頭にMatomaやSam Feldtなど多くのスターを生んでいる。そんなトロピカルハウスに焦点をあてたパーティーとコンピレーションCDの連動プロジェクトとしてスタートしたのがTropical Discoだ。5/29に豊洲のマジックビーチを舞台にAlex Adairをゲストに開催された1回目はDaishi Danceも出演。イベント開始前には長蛇の列ができ、最終的には2000人近くも来場しトロピカルハウスの注目度の高さを証明した。6/25に開催された2回目もDe Hofnarをゲストに、梅雨の豊洲をトロピカル色に染め上げた。7月13日にはコンピレーションCD「Tropical Disco」をリリース。初級編にしてベスト盤の“トロピカルハウス”コンピレーションCDとしてシーンを代表するアーティストの名曲を詰め込んだ内容で、異例の好セールスを記録している。そして先週土曜日8/6に夢の島マリーナに場所を移し、Tropical Marinaをテーマに第3回目が開催。”In The Morning Light”などのヒット曲をもつ実力者Alex Schulzをゲストに迎えたパーティーの模様をレポートする。

会場の夢の島マリーナはウッドデッキに緑の芝が敷き詰められた、都内にこんな場所があったのかと思わせるチルスポット。たくさんのクルーザーが停留するムード満点なシチュエーションでまさに真夏といった快晴の中パーティーはスタートした。

Tropical Disco

Tropical Disco

レジデントDJのShin IshizukaによるゆったりとしたウォームアップDJを聴きながら、集まった観客はBBQやNYLON JAPANによるキュートな特設フォトブースで写真を撮るなど思い思いのスタイルで楽しんでいた。そして毎回好評なTropical Disco Bandは今回からバンド名をallloに改名し心機一転。MayaHatchによるパワフルなボーカルとバンドの生み出すオーガニックなグルーヴでフロアの温度をみるみるパーティーモードに変えていき、Kygoの”Firestone”のカバーやオリジナル曲"Ai No Ura"、"Am I Here With You"でバッチリ見せ場を作り上げた。

Tropical Disco

Tropical Disco

 

Tropical Disco

Tropical Disco

Tropical Disco

 

陽がだんだん落ち始め、Tropical Disco”のネオンが輝き始めた時間を、allloのメンバーでありレジデントDJのRenがプレイ。Rihannaの”Work”などのダンスホールバイブなトラックやMatomaの”Old Thing Back”などアーバンなトラックを挟みつつ、Kygoの”Stay”やSam Feldt & Kav Verhouzerの”Hot Skin”などで見事なピークタイムへ。

Tropical Disco

Tropical Disco

Tropical Disco

そしてすっかり夜のムードが漂い始め、今日のメインであるAlex Schulzがブースに立つ。Schulzは自身のヒット曲を交えつつ、BPMを120程度に一気にあげ美メロかつアップリフティングなプレイを展開。ダンスクラシック”Ain’t No Mountain High Enough”ネタのトラックやテッキーなトラックでこの日1番の盛り上がりをフロアにもたらす。ヒートアップした観客とダンサーがフロア前方を占拠し、自由に盛り上がる様は真夏ならではという感じだった。最後までほぼ誰も帰ることなくパーティーは終了。Tropical Marinaの名にふさわしい、日本中で最もトロピカルな空気を届けた。

Tropical Disco

Tropical Disco

Tropical Disco

Tropical Disco

パーティーを通して感じたのはトロピカルハウスというカテゴリーの奥行きの深さだった。ゲストのAlex Schulzのプレイのようなピークタイムを作り上げるトラックや、テックハウスなどと通じるソリッドなクラブチューンから、R&Bやヒップホップから派生したアーバンでメロウなトラックまで、そのバラエティーの広さはDJプレイでこそ感じられる部分だ。ダンスホールなども含めたトロピカルなテイストが、世界的なトレンドになっているいまだからこそ体験したいパーティーなのは間違い無いだろう。

Tropical Disco

Tropical Disco

そしてTropical Disco in Winterと題して、今冬に過去最大規模のトロピカルハウスパーティーを開催することが早くも決定。初来日の大物ゲストDJも出演予定ということでいまから見逃すことができない。

Tropical Disco Winter

 

<Party Info>

Tropical Disco -Compilation CD Release Party- Tropical Marina

[Date] 2016/8/6(Sat)
[Venue]
夢の島マリーナ / Dimare
[Time]開場/開演:15:30 終演:20:30
[LINE UP]
Special Guest DJ : Alex Schulz (From Germany)
Resident DJs : REN, Shin Ishizuka
Special LIVE BAND Performance: alllo (Maya Hatch, James De Barrado, Ren Yokoi and more)

RELATED

【パーティスナップ】雨の中でも大盛況だった『Erection -Block Party-』

毎年、春と秋の恒例になりつつある『Erection -Block Patry -』が、5/4(土)に自由が丘広小路商店街の三井住友銀行駐車場で開催された。

1 OAK TOKYOの3Fにルーフトップフロアが新オープン | alexanderwangとドン・ペリニオンによるオープニングパーティにはAwichなどが出演

2017年8月にオープン以来、国内外のセレブリティやVIPも足繁く通うナイトクラブとして注目を集める1 OAK TOKYO。今春新たに同ビルの3Fにルーフトップ フロア「THE DECK」をオープン。

【フォト&ムービーレポート】大人から子供までが踊った『Erection-Block Party-』

自由が丘の伝統的なお祭り女神まつりの前夜祭名物となった『Erection-Block Party-』が昨年の10/6(土)に開催された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。