片想いの新作『QUIERO V.I.P.』から“Party Kills Me(パーティーに殺される!)”の MVが公開

ファンキーでソウルフルなサウンドと、ピースなのにどこか切ない歌詞が印象的な8人組バンド片想い。そんな彼らの2nd Albumから、“V.I.P”に続いて“Party Kills Me(パーティーに殺される!)”のミュージックビデオYouTubeで公開された。

by Yuuki Yamane

ミュージックビデオでは、Vo.である片岡シンの熱演と子供向け教育番組を思わせるパペット人形の掛け合いがコミカルに描かれつつも、歌詞が織りなすメロウな世界観が表現されており、片想いならではのユーモアとアイデアが詰まった作品に仕上がっている。

 

なお、8月29日(月)には新代田FEVERで「片想い&KAKUBARHYTHM PRESENTS "KAMPAI INITIATIONS vol.1" 」が、また9月24日(土)には東京キネマ倶楽部で「片想い2nd Album "QUIERO V.I.P."レコ発記念ワンマンライブ」の開催がすでにアナウンスされている。MVと合わせてぜひチェックしよう。

<Release Info>

片想い
タイトル:『QUIERO V.I.P.』
発売日:2016年8月3日(水)
収録曲:
01.片想インダdisco
02.my favorite things
03.Funky Initiations
04.V.I.P.
05.VIVA! Milagro
06.君の窓
07.感じ方
08.ダメージルンバ
09.街の景色
10.Party Kills Me (パーティーに殺される!)
11.棒きれなどふりまわしてもしかたのないことでしょう
12.フェノミナン

<Live Info>

<片想い&KAKUBARHYTHM PRESENTS "KAMPAI INITIATIONS vol.1">
開催日:2016年8月29日(月)
場所:新代田FEVER
時間:open18:30 / start 19:30
料金:前売り3000円(ドリンク代別)
出演:片想い
Special Guest:TUCKER

<片想い2nd Album "QUIERO V.I.P."レコ発記念ワンマンライブ>
開催日:2016年9月24日(土)
場所:東京キネマ倶楽部
時間:open17:30 / start 18:30
料金:前売り 3500円(ドリンク代別)
出演:片想い
DJ:MOODMAN

その他INFO:
片想いHP: http://kataomoi.main.jp/
片想い“QUIERO V.I.P.”特設ページ: http://www.kakubarhythm.com/special/quierovip/
カクバリズム:http://www.kakubarhythm.com/

related

『カクバリズムの文化祭』がさらに追加コンテンツを発表 | 公募出演アーティストも決定

カクバリズムの新企画『カクバリズムの文化祭』は、11/1(土)から3日間にわたり多岐に渡るコンテンツが発表され嬉しい悲鳴となっていたが、さらなる追加コンテンツが発表となった。

名古屋の大学生による宅録ユニットOgawa & Tokoroが初EP『Shinmaiko』と7インチシングルをカクバリズムからリリース

カクバリズムからは久々となるニューフェイスのリリースとなる、名古屋の大学生2人による宅録ユニットOgawa & Tokoroの7インチシングルとデジタルEP『Shinmaiko』が8月26日にリリースされる。

オンラインフェス 『カクバリズムの家祭り』が今週末開催|思い出野郎Aチームや在日ファンク、VIDEOTAPEMUSIC、mei ehara、二階堂和美などが出演

新型コロナウイルスの影響で、ライブハウスなどがいつ再開できるのか見通しが立たない中、カクバリズム所属アーティストがそれぞれの家などで撮り下ろしたライブ映像をまとめたオンラインフェス、『カクバリズムの家祭り』が6月6日(土)に有料配信されることが決定した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。