名古屋の大学生による宅録ユニットOgawa & Tokoroが初EP『Shinmaiko』と7インチシングルをカクバリズムからリリース

カクバリズムからは久々となるニューフェイスのリリースとなる、名古屋の大学生2人による宅録ユニットOgawa & Tokoroの7インチシングルとデジタルEP『Shinmaiko』が8月26日にリリースされる。

カセットレーベルOriental Tapesを主宰し、自身のファーストアルバム『惑星探査-Planetary Exploration-』やDJによるミックステープ、海外の作家によるアンビエント作品など多彩な作品をリリースし、サンフランシスコのレーベルDream Chimneyのコンピレーションにトラックを提供するなど国内のみならず幅広く活動を展開中の2人の初となる7inchでのリリースである。

タイトルトラックとなるA面には、ノスタルジックかつサマーブリージンな、モダンなローファイ感が映えるバレアリックビーツ"Shinmaiko"、B面にはエキゾ、アンビエント的なSE&上物に対してレゲエ/ダンスホール的なビートの組み合わせが新感覚の"Bayou"をカップリング。ミックス、マスタリングは得能直也が担当し、アートワークは自身が手掛けた。

デジタル版EPはこの2曲に加え、彼らのもう一つの持ち味でもあるダンスミュージックフィールを打ち出したトラック2曲が追加された全4曲が収録。WEST END RECORDSの諸作を意識したという爽快な歌モノバレアリックディスコチューン"Tell me what you're feeling"に加えて、太陽に吠えろ、西部警察など日本の70年代くらいの刑事ドラマをイメージしたムード溢れる長尺ディスコ / ブギー曲"The Detective"が入っている。彼らの多彩な作風と作品に一貫したセンスと音質への拘りを感じるEPに仕上がっており、後にセルフプロデュースのMVも公開予定だ。

Info

Ogawa & Tokoro - 『Shinmaiko』

2020.8.26 Release

〈7inch Single〉

Title: Shinmaiko

Track List

SIDE A Shinmaiko

SIDE B Bayou

45RPM

Produced by Takashi Ogawa & Kynan Tokoro

Mixed and Mastered by Naoya Tokunou

Artwork by Kynan Tokoro, Kaoru Masuda

Photo by (3100) 166.

A&R Rui Fujita(KAKUBARHYTHM)

〈Digital EP〉

Title: Shinmaiko EP

Track List

1. Shinmaiko

2. Bayou

3. Tell me what you're feeling

4. The Detective

related

BEST BUY 2020 Selected by Ogawa & Tokoro

今回はカセットレーベルOriental Tapesを主宰し、今年8月にリリースされたEP『Shinmaiko』も話題の名古屋の大学生2人による宅録ユニットOgawa & Tokoroが登場。

STUTSや愛知に所縁のあるC.O.S.A.、Campanella、NEI、Ogawa & Tokoroなどが出演するイベントが開催

12/26(土)に名古屋のライブハウス、クラブ、レコードショップなどを舞台としたライブイベントが開催される。

藤井洋平とOgawa & Tokoroによるリリースパーティーが7th floorで2日間連続開催

4月に7インチシングル『i wanna be your star / 意味不明な論理・方程式』をリリースした藤井洋平と、8月に同じく7インチで『Shinmaiko』をリリースしたOgawa & Tokoro。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。