ヒップホップ草創期の時代を描いたドラマ『The Get Down』のサントラに参加するアーティストが明らかに

映画『ロミオ&ジュリエット』や『グレート・ギャツビー』などで知られるバズ・ラーマンが監督をつとめる注目のドラマ「The Get Down』のサウンドトラックに参加するアーティストが明らかになった。

『The Get Down』は1970年代の荒廃したNYの街を舞台に、産声をあげたばかりのヒップホップカルチャーとともに成長していく少年たちを描いたNetflix発のドラマ。先日トレイラーが公開され第一部の放送開始も8/12と発表があった。

サウンドトラックには同作のエグゼクティブプロデューサーをつとめるNasをはじめMiguel、Christina Aguilera、Zaynなどが参加すると発表された。サウンドトラックはApple Musicで先行リリースされることもあわせて明かされた。監督のバズ・ラーマンは「このサウンドトラックは70年代末のNYの混沌として偉大なクリエイティビティーが渦巻いていた『The Get Down』が描く世界の背景にある多様な音楽ジャンルを紹介してくれる。楽曲では多くのクラシックチューンを使っているが、私たちはモダンなサウンドやテクニックも使って当時と現代の橋渡しをおこなっている」とコメントを発表している。

related

NetflixとBEAMSが世界初のコラボアイテムを全世界展開

世界最大級の動画配信サービスNetflixとBEAMSが、5月27日(木)よりNetflixブランドをモチーフにしたコラボレーション商品『Netflix × BEAMS』コレクション、及び同日に配信開始するNetflixオリジナルアニメシリーズ『エデン』とのコラボレーション『EDEN × BEAMS』コレクションの全2コレクション、計20アイテムを世界展開する。

Netflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ『大坂なおみ』が7月に全世界配信

世界最高峰のテニスプレーヤー大坂なおみに2年間に密着したNetflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ『大坂なおみ』(全3話)が、7月13日(火)に全世界配信されることが決定した。

The Notorious B.I.G.の人生とキャリアを追うドキュメンタリー『Biggie: I Got a Story to Tell』の予告編が公開

今から24年前、銃撃によって命を落としたニューヨークのレジェンドThe Notorious B.I.G.。彼の死の真相に迫るNetflixのオリジナルドキュメンタリーシリーズ『Biggie: I Got a Story to Tell』のトレイラーが公開されている。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。