1994年にリリースされたゲームのサウンドトラックにグライムのルーツが?

グライムの起源をめぐる議論は諸説あるが、一般的にはYoungstarの"Pulse X"をそのルーツのひとつとしてみることができる。"Pulse X"がリリースされたのは2002年、しかしその8年前の1994年にリリースされたゲーム『Wolverine: Adamantium Rage」のサウンドトラックの中に元祖グライムといえる曲が収録されていることを海外メディアFACTが報じている。

『Wolverine: Adamantium Rage」はファミコンとメガドライブでリリースされたソフト。その曲はDylan Bealeによってプロデュースされている。当時Bealeは北ロンドンのレコードショップで働いていて、ジャングルをプレイするDJユニットを結成していた。SBTVがインタビューしたところ彼は当時「レゲエやヒップホップ、ジャングルそしてテクノ、ハードコア影響されていた」と語っている。

Bealeが当時影響されていたというジャンルは、まさにグライムを構成するうえで欠かすことのできないジャンルである。またBealeは楽曲を制作するにあたり200kb程度しかサンプリングできなかったと振り返っていて、その過酷な条件がBealeにグライムとしか言えないようなソリッドな曲を作らせたのかもしれない。

Via Fact

related

Spotifyにグライムのカテゴリーが誕生

2002年にイギリスのラジオ局から産声をあげたグライム。今では、WileyやSkepta、Stormzyなど数々の賞を受賞し、メインストリームで活躍するアーティストも現れ、急成長を遂げ続ける土着のジャンルだ。グライムは多くの音楽シーンに浸透し、ついにSpotifyにグライムというカテゴリーが設けられた。

ロンドンのグライムやラップイベントを中止に追い込んできた悪名高きFORM 696が廃止に

ロンドンのグライムやラップのイベントを中止に追い込んできた悪名高きFORM 696と呼ばれる書類が廃止されることになった。

Double Clapperzがチョイスするグライム・クラシックス10選

東京で活動するUKDとSintaによるグライムプロデューサーチームDouble Clapperzが、10/1に2枚目の12インチ『Get Mad』をリリースする。グライムの本場UKのインターネットラジオでも、すでに彼らの楽曲は多数プレイされるなど、東京、そして日本のグライムプロデューサーといえばDouble Clapperzという名前が出るのは普通のことになっている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。