Lil Yachtyが「MadonnaやTaylor Swift、Lil Wayneとコラボしたい」と語る

ミックステープ『Summer Songs 2』をリリースし、今年一番の注目株ラッパーの1人、Lil Yachty。現在18歳の彼のインタビューがDazedに掲載された。

インタビューによると、YachtyはILoveMakonnenやSoulja Boy、Young Thugにつらなる、歌とラップの境界線がつかないような自身のスタイルを「バブルガム・トラップ」と呼んでいるそうだ。「おれはとてもポジティブなんだ、おれはブースに入ってただ自由にやるだけなんだ、その結果がうまくいこうがうまくいかないが気にしない、おれは同じことを2回できないし、誰も強制することはできない」と、リラックスしている状態で作曲する自身のスタンスについても語っている。

また「EDMでもポップスでもおれはどんなスタイルでも曲をやれるようになりたい、Madonnaとも曲を作って、Taylor Swiftともやって、それでLil Wayneともやる、全部をクロスオーバーするんだ」とも語り、新世代らしいジャンルレスな一面も明らかにしている。彼のトレードマークである赤いショートドレッドに関しては、彼が高校生の時にマクドナルドでバイトをしているの見て、Yachtyの母親が薦めたのがきっかけだそうだ。この赤い髪でラッパーとして有名になる前から高校の人気者にだったそうで、「みんなおれみたいになりたがってたよ」と答えている。

インタビュー全文はDazedで読むことができる。

Yachtyの最新作『Summer Songs 2』はApple Musicで聴くことができる。

RELATED

Lil Yachtyが高級レストランのメニューが気に入らずUber Eatsでマクドナルドをその場でオーダー

Lil Yachtyといえばデビュー当時はピザしか食べないとのたまうなど、偏食家として知られているが、高級レストランといえども彼の舌を満足させるのは中々に困難なようだ。

Lil Yachtyが「City Girlsの“Act Up”のリリックを書いたのは俺だ」と明かす

ラップのリリックを他のラッパーに書いてもらうことは、賛否両論あるもののそう珍しいことではない。今回、Lil YachtyがCity Girlsのヒット曲“Act Up”の歌詞を「俺が書いた」と主張していることが話題となっている。

Lil YachtyがBhad Bhabieの誕生日に5万3000ドルのチェーンをプレゼントする

独特のキャラクターとその若さで注目を集めたフィメールラッパーBhad Bhabie。その16歳の誕生日に、Lil Yachtyが驚くべきプレゼントを贈った。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。