Éclair Fifiがシカゴ・ハウスのプロデューサーらを迎えて12インチをリリース

Éclair Fifi - Twitter

スコットランドからジャンルレスにフレッシュなサウンドを届けるレーベルLuckyMe。LuckyMe所属のJoseph Marinettiが来日公演を行ったり、トロントのプロデューサーBwanaが大友克洋の『AKIRA』のサウンドトラックをアレンジし直した『Capsule's Pride』を発表したり、Lucky MeのRinse FMの番組にTrekkie Traxクルーがゲストミックスを提供するなど、LuckyMeは日本のシーンやカルチャーとも密接に繋がっているUKと日本、世界を繋ぐ重要なレーベルだ。

cover-reverse

そのLucky Meのグラフィックデザインを長年担当し、クラブやラジオ局のDJとしても活躍するLuckyMeのÉclair Fifiが初めてプロデュースする12インチをリリースする。

シカゴ・ハウスの名プロデューサーMickey OliverとShanna Jaeをボーカルに迎えて制作された本作品は3人のリミキサーを迎えた全5曲を収録。ジャケットに用いられたイラストレーションはÉclair Fifi本人によるもの。

視聴や購入は以下のリンクから。

LuckyMe - Bleepstores

related

ウルフパックジャパンがレコードプレスをより身近にする新プランをスタート

メジャーレーベルのプレスも引き受ける欧州最大のレコード工場GZ Mediaの正規代理店であるウルフパックジャパンが、お得な新プランを先週からスタートさせた。

笹塚ボウルで全国各地のレコードショップなどが集まったフリーマーケットを開催

4/21(日)に東京・笹塚のボーリング場・笹塚ボウルで新興のヒップホップアパレルRap Attackが主催するフリーマーケットが開催される。

アメリカでレコードの売上がフィジカル音源売上の3分の1を占める

近年のレコードブームの再来により、2017年にはアメリカでのレコードの総売上枚数が1991年以来最高を記録した。そして、昨年もその勢いは続いているようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。