アメリカのアルバム売り上げが史上最低に - 時代はストリーミングへ -

© Andrew Matthews/PA Archive/Press Association Images

2016年上半期のアメリカでの音楽アルバムの売り上げが、1991年のSounsScan(セールストラッキングシステム)の 導入以来過去最低を記録した。ただしこの数字だけが音楽業界全体の状況を表しているとも言えず、むしろ人々はこれまでになく音楽を聴いている時代ともいえるそうだ。

文 : Ibuki Kasai

2016年上半期のアルバム全体の売り上げは、2015年の同時期と比べ13.6%落ち、1億30万枚となった。内訳としては、CDとデジタル配信によるアルバムセールスは共に減少。アナログレコードの売り上げのみが増加しているという状況で、こちらは昨年に比べ11.2%の上昇をみせ、620万枚となった。そして、今回のアルバムセールス落下のなかでも、特にニューリリースのアルバムのセールスの減少がはなはだしく、こちらは20%も減少し4410万枚となった。これに対し、カタログアルバムの売り上げの減少は7.7%であった。

一方、今年の1月から6月現在まで2億890万曲がストリーミング再生されており、再生数としては58.7%の上昇を見せた。そしてこれは1億3920万枚のアルバム数に相当する。

Billboardは見積もりとして、ストリーミング配信の増加により、今年のアメリカの音楽業界全体の売り上げは昨年と比べ8.9%増しの19億8000万ドルの収益になると予想している。しかしながら、この見積もりがストリーミング配信の一曲あたりの値段を0.0063ドルとして計算していることに対し、いくつかのインディーズレーベルからはこの値段設定が高すぎると批判されている。

音楽を買う場としてはデジタルリテイラーが最も利用され、アルバムマーケット全体の43.7%もを占めている。アマゾンやスーパーマーケットなど今まで主流に使われていた手段では、たった8.3%の伸びしか見せていない。

要するにこの結果が意味することは、今の時代ストリーミングがブームになり、2016年上半期の2億7990万枚の総売上及び8.9%の上昇の主導権はストリーミングによって握られているということだ。

via billboard

related

Spotifyが日本のヒップホップにフォーカスした新たなプレイリスト『+81 Connect』を公開 | Awich、BIM、Daichi Yamamoto、KM、Leon Fanourakis、LEXなどをアンバサダーに起用

Spotifyが5年間にわたり日本のヒップホップシーンの今を切り取ってきたプレイリスト『New Era: J-Hip-Hop』をリブランディングした新しいプレイリスト『+81 Connect』を公開した。

Apple MusicがDJミックスに使用されている音源を特定し権利者に適切に支払いを行う新システムを開発

Apple MusicがDJミックスで使用されている楽曲の権利者を特定し、全ての権利者に直接支払いができるようにする新システムを開発した。

グローバルな音楽ディストリビューター『SPACE SHOWER FUGA』が誕生

昨日9/1にオランダ/アムステルダムを拠点に業界最先端のディストリビューションシステム、アナリティクスシステム、 印税計算システムなどを提供しているFUGA社とスペー スシャワーネットワークのジョイントベンチャーにより、SPACE SHOWER FUGAが誕生した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。