100万円を超えるデジカメ?ハッセルブラッドの中判デジタルカメラ発売へ

中判カメラの雄ハッセルブラッドが新型中版デジタルカメラ「X1D」を9月に発売することを発表。店頭予想価格はなんと100万円を越えるとのこと。

中判デジタルカメラとは何が特別なのか?

hassel_x1d_f005

中判サイズの「中判」とはカメラのセンサーサイズのことを指す。カメラに詳しい人ならフルサイズという言葉を耳にしたことがあると思うが、中判とはそのフルサイズよりも一回り大きいセンサーになる。

基本的なスペックを紹介する。X1Dは8272×6200ピクセルの5000万画素の静止画を撮影できるほか、フルHD動画記録(H.264)に対応。感度はISO100~25600。シャッタースピードは1/2000秒~60分。内蔵WiFiやUSB端子を経由させて、パソコンへの画像転送が可能。ワイヤレスコントローラーやGPSも搭載。

そのX1Dのメリットとは?

なんといってもフルサイズのカメラの一段上を行く息を飲むような高品質な画像撮影。そして手のひらに収まる驚くべきサイズといえるだろう。もちろん100万円という値段は到底一般の人が手を出すことのできない値段ではあるものの、この画質は何物にも代えがたいクオリティであることは間違いないだろう。

X1D Gallery - Hasselblad
Hasselblad

related

NYを拠点にヒップホップやスケートボードなどのストリートカルチャーを撮影してきたSue Kwonの写真展をBlackEyePatchが開催

ファッションを軸に国内外で様々な企画や展示をキュレーションするBlackEyePatchが、NYを拠点にするフォトグラファーのSue Kwonの写真集『RAP IS RISEN』の刊行を記念した写真展を11/5(土)から、原宿のTHE PLUGで開催する。

cherry chill will.の日本のヒップホップシーンにフォーカスを当てた写真展がDr. Martens SHOWROOM TYOで開催

ヒップホップシーンを中心に国内外のアーティストから大きな支持を得ている写真家のcherry chill will.の写真展が、Dr. Martens SHOWROOM TYOで開催中だ。

LAの写真家Colin Sussinghamによる展示『BE L’EAU』がcommuneで開催

NY出身で現在はLA在住の写真家Colin Sussinghamによる展示『BE L’EAU』が、幡ヶ谷のgallery communeで9/16(金)から開催される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。