Xiamiの新製品は折りたたみ電動自転車

低価格で高品質なスマートフォンで有名な中国のXiaomiの、スマート炊飯器や先日発表されたドローンに続く最新の製品は折りたたみ式の電動自転車になるようだ。

同社が5月末に発表した初のドローン「Mi Drone」は、4Kムービー撮影対応で450ドルという価格破壊を起こすほどの低価格で話題となったが、今回発表されたこの「Mi Qicycle Electric Folding Bike」と名付けられた電動自転車も、例にもれず高品質かつ低価格が特徴。

Xiaomi
Via The Verge

スペックとしては、250W、36Vの動力に加え、Panasonicのリチウムイオン電池を20個使用しており(これはイーロン・マスクのTeslaで用いられているものと同じ)、また制御システムはXiami独自のものが使われている。同社によれば、一度の充電で45km走行可能であるということだ。 また、Xiamiの製品ということでやはりスマートフォンアプリとの連動が特徴となっており、走行に関するスピード、距離、消費カロリー、GPS情報などを知ることができるようになっている。さらには、IDbike Torque Measurement Methodというシステムが搭載されていることも特徴で、これは自分の出したい走行速度を維持できるようセンサーがペダルのこぎ具合を調整してくれるものとなっている。

Xiaomi
Via Gigazine

「Mi Drone」と同様に、こちらもクラウドファンディングが行われており、これが目標人数に達すると製品化がされるということだ。現在、価格は3000人民元(約450ドル)と設定されており、現時点ではサポーターの受け付けは中国内のみでとなっている。

related

Kraftwerkとドイツの自転車ブランドCanyonのコラボモデルが21台限定で発売

Kraftwerkとドイツの自転車ブランドCanyonがコラボしたスペシャルモデル『Ultimate CF SLX Kraftwerk』が、本日19時から限定21台のみ発売される。

バイクカルチャーを伝えるブランドW.A.C.Cから新作バイク『Specular』

東京・西麻布を拠点とする新たなブランドW.A.C.C -West Azabu Cycling Club-から新作バイク『Specular』が登場した。

ドローンを使ってケンタッキーフライドチキンをテイクアウト

家に何も食べるものがなくて、もう動けないくらいの状態の時って、誰しもが経験があるはず。そういう時に頑張って外出して食べ物を購入しに行くのも面倒くさい。ニュージーランドの男性がそんな時のための解決策を考えてくれた。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。