Spotifyユーザ、1億人越え

音楽ストリーミング配信サービス、Spotifyが6月20日に全ユーザー数が1億人を超えたことを認めた。

文 : Ibuki Kasai

SpotifyはApple Music同様、自分の好きな音楽を好きな時に好きなだけ検索してストリーミングで視聴することができるスウェーデンが生んだ月額制音楽サービス。日本ではまだサービスが開始されていないが、現時点で世界中のたくさんの国で利用可能となっている。無料会員登録だけでも、広告つきで限られたサービスが使用可能だが、今回報告されたのは、月間アクティブユーザー数が全世界トータルで1億人を超えたということである。そのうちの3千万人は有料会員による利用だ。

Spotifyは今や世界最大の音楽配信サービスとなった。しかし、2014年から毎年平均で1000万人の有料会員を得てきた一方、Apple Musicはサービス開始からたった1年で1500万人の有料会員を得たことから、SpotifyとApple Musicの激しい競争が予想される。”Apple Musicでは最初のトライアル期間以降は月額金を払わないと利用できないようになっているが、Spotifyは期限なくトライアルを使い続けることができることが両者の大きな違いである。 今後Spotifyがどう動くかによって、その成長も変わってくるだろう。

related

Spotifyが日本のヒップホップにフォーカスした新たなプレイリスト『+81 Connect』を公開 | Awich、BIM、Daichi Yamamoto、KM、Leon Fanourakis、LEXなどをアンバサダーに起用

Spotifyが5年間にわたり日本のヒップホップシーンの今を切り取ってきたプレイリスト『New Era: J-Hip-Hop』をリブランディングした新しいプレイリスト『+81 Connect』を公開した。

Apple MusicがDJミックスに使用されている音源を特定し権利者に適切に支払いを行う新システムを開発

Apple MusicがDJミックスで使用されている楽曲の権利者を特定し、全ての権利者に直接支払いができるようにする新システムを開発した。

グローバルな音楽ディストリビューター『SPACE SHOWER FUGA』が誕生

昨日9/1にオランダ/アムステルダムを拠点に業界最先端のディストリビューションシステム、アナリティクスシステム、 印税計算システムなどを提供しているFUGA社とスペー スシャワーネットワークのジョイントベンチャーにより、SPACE SHOWER FUGAが誕生した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。