Mark Pritchard初の本名名義作『Under The Sun』が本日リリース

90年代初頭より、幾多の名義やユニットを通して、エレクトロニック・ミュージック・シーンの進化を体現してきたMark Pritchardの初の本名名義作であり、集大成的アルバム『Under The Sun』がついにリリースされた。

今作はデジタル処理に頼らないタイムレスなプロダクションやミキシング」をテーマに独特で情緒溢れるサウンドスケープを追求し、先行曲でのThom Yorkeの参加などで発売前から話題となっていた。またタイトルトラックはジューク的なボトムスをベースに大女優Julie Andrewsの声ネタをヒプノティックに使用したドープなトラックに仕上がっているなど、これまで培ってきた経験が前面にでた内容となっている。アルバム『Under The Sun』はこちらから購入できる。

related

「25歳以下の音楽ファンの内15%がアルバムを通して聴いたことがない」とする調査結果が発表

ストリーミングサービスで音楽を聴くことが一般的になり、プレイリストや楽曲単位での聴き方が主流となりつつある昨今。それに伴いアルバム単位で音楽を聴く人が減ったとの意見も頻繁に見られるが、今回、若いリスナーがどのように音楽を聴いているかを調査した結果が発表された。

Warpの30周年を記念したPOP UPが開催 | 大竹伸朗デザインのTシャツやAphex Twin、Flying Lotusなどのアーティストグッズも販売

革新的なエレクトロニックミュージックをはじめとして、音楽史に多大な功績を刻み続けてきたUKのレーベルWarpが今年30周年を迎えた。

名門Warpがプッシュする次世代エクスペリメンタル・ラップ アーティスト GAIKAが来月初旬東京と大阪で来日公演

名門〈Warp〉が満を持して送り出す次世代エクスペリメンタル・ラップアーティストGAIKAが来月初旬東京と大阪で来日公演を行う。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。