Ty Dolla $ignが終身刑で投獄されている、弟をテーマにしたドキュメンタリーを公開

Ty Dolla $ignが昨年リリースしたアルバムのタイトル『Free TC」は彼の弟(そしてシンガーでもある)で現在殺人の罪に問われ終身刑で投獄されているTCに捧げられたものだった。Ty Dolla $ignはTCは殺人を犯しておらず無実であると信じており、アルバムに続いて弟に捧げたドキュメンタリー『Free TC Documentary」をNoisey上でプレミア公開した

12分のドキュメンタリーはTCになにが起こったのかを彼の妻の証言と共に映し出している。Ty Dollaはドキュメンタリー内で「アルバムタイトルを『Free TC」にしたのはこれが自分に課せられたミッションだからだ、そしておれのゴールはTCが釈放されると同時に人種や社会的な不正義や大量投獄に対する意識がアメリカで高まることだ、これは1枚のアルバム以上のムーブメントなんだ」と述べている。ドキュメンタリーは下のプレイヤーで再生ができる。

<iframe src="//tools.applemusic.com/embed/v1/album/1037165563?country=jp&at=1001ls5V&ct=1001ls5V" height="500px" width="100%" frameborder="0"></iframe>

related

映画『WAVES/ウェイブス』のトレイ・エドワード・シュルツ監督がFrank Ocean、Kanye West、Kendrick Lamarの楽曲をセレクトした理由を語る

4月より公開される話題の映画『WAVES/ウェイブス』。FNMNLのコラムでも紹介されているように、Animal CollectiveやFuck Buttons、Frank Ocean、H.E.R.、Kendrick Lamar、Kanye West、A$AP Rockyなど様々なジャンルの31曲もの楽曲たちが作中の登場人物やシーンが帯びている感情を代弁する役割を果たし、それらの隙間をトレント・レズナーとアッティカス・ロスによるオリジナルスコアが埋めて補完するというこれまでにない音楽と映像の関係を作り上げた作品になっている。

Kendrick LamarやFrank Oceanなどの楽曲が使用される話題の映画『WAVES/ウェイブス』の冒頭6分間の映像が公開

Frank OceanやKanye West、Kendrick Lamarなどの楽曲をふんだんに用いた映画『WAVES/ウェイブス』。4/10(金)から公開となる同作の冒頭6分間の映像がYouTubeで公開された。

【コラム】『WAVES/ウェイブス』|Frank Ocean、Animal Collective、Kendrick Lamarらの楽曲が紡ぎ出すプレイリストムービー

『ムーンライト』や『レディバード』、『ミッドサマー』などの作品群を発表し高い評価を受ける映画プロダクションA24が新たに世に放つ新作『WAVES/ウェイブス』。Frank OceanやKanye West、Kendrick Lamarなどの楽曲をふんだんに用いた同作は、映画ファンはもちろん音楽ファンにとっても必見の作品だ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。