Rihannaが全米チャートでThe Beatles超えの記録を達成!

アメリカを代表するポップシンガー Rihanna(リアーナ)の最新シングル「Work」が、全米ビルボードチャートにおいて9週連続1位を獲得。これまでのナンバーワン・ヒット作14曲を合わせ、合計60週に渡るトップチャート1位の座を記録したことが明らかとなった。これは、イギリスの世界的バンド、The Beatlesの59週1位の記録を超える快挙となる。

 

Rihannaは、今回の記録により、全米チャート1位の座を保持し続けるMariah Carey(マライア・キャリー)に次ぐ、オールタイム・ナンバーワンのアーティストとして2位に君臨することとなった。ちなみに1位を守り続けるマライアの記録は、79週トップである。

全米ビルボードチャートにて、9週連続1位を成し遂げた大ヒット作「Work」の他には、T.I.との「Live Your Live」、Eminemとの「Monster」、そして「Love The Way You Lie」といったコラボレーション楽曲なども含まれている。

先日、映画『バトルシップ』などで知られるPeter Berg監督によるRihannaのドキュメンタリー映画、その名も『Rihanna』が撮影中との報道もなされたばかりだが、あのThe Beatlesの記録を超えてしまった今、ますます世界中が彼女から目を離すことができないであろう。

RELATED

Rihannaのアルバム『ANTI』がビルボードアルバムチャートにて200週連続でランクイン|黒人の女性アーティストとしては初

レゲエにインスパイアされていると噂の最新作のリリースも待たれるRihannaの2016年に発表されたアルバム『ANTI』がビルボードアルバムチャートで200週連続でランクインという偉業を成し遂げた。

RihannaがVogueのカヴァーストーリーに登場|ニューアルバムについてやスーパーボウルのハーフタイムショー出演辞退などについて語る

最近ではニューヨークファッションウィークにて、自身のブランドであるFentyとPumaのコラボコレクションを初めて発表するなど音楽以外の側面でも精力的に活動しているRihanna。そんな彼女がVogueのカヴァーストーリーに登場。Fentyについてはもちろん、リリースが待たれるニューアルバムや、波紋を呼んだスーパーボウルのハーフタイムショウについてなど様々なトピックについて語っている。

Lil Nas Xの“Old Town Road”が13週連続で全米シングルチャート1位という記録を樹立|史上最も長く1位になったヒップホップの楽曲に

今や子供から大人にまで親しまれる大ヒット曲となったLil Nas Xの“Old Town Road”が、とうとう全米シングルチャートで13週連続1位を記録した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。