イランのテクノシーンのドキュメンタリー『Raving Iran』が国際映画祭で上映へ

スイスの映画監督Susanne Regina Meuresによる、イラン・テヘランのアンダーグラウンド・テクノシーンのドキュメンタリー映画『Raving Iran』のトレーラーが公開された。イランのテクノプロデューサーDJ AnooshとArashが直面する様々な困難と彼らの音楽への情熱を、このドキュメンタリーは映し出す。

AnooshとArashの2人は、悪名高きイランの道徳警察から逃げ隠れしながらパーティを開催したり、警察に自分のキャリアを邪魔されることにほとほと嫌気さしていた。違法に自分たちのアルバムを売っていたところ、Anooshが逮捕されてしまう。スイスで行われる世界最大級のテクノのフェスに招待され、そこで幸せな時間を過ごしている時に、ビザの期限が明日までになっていることに気付く。というのが、あらすじである。

Raving Iran

イランでは2005年から公共放送での西洋音楽の放送が禁止されており、さらに2014年には男女6名がPharrell Williamsの”Happy”に合わせて踊るビデオをインターネットに投稿したとして逮捕された。その後、監督と6人は「公共における品位を傷つけた」として、監督は1年間の収監、そして6人は6ヶ月の収監と91回のムチ打ちの刑に処された。

現在、映画館での上映は決まっていないが、トロント、ミュンヘン、ベオグラード、チューリッヒの国際映画祭にて上映されることが決定されている。

RAVING IRAN Trailer (facebook.com/RavingIran; www.ravingiran.com) from Christian Frei on Vimeo.

related

ジャン=リュック・ゴダール監督の追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催 | 『勝手にしやがれ』と『気狂いピエロ』を上映

ヌーヴェル・ヴァーグを代表する映画監督で今月91歳で亡くなったジャン=リュック・ゴダールの追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催される。

『国道20号線 デジタルリマスター版』や空族が影響を受けたロードサイド映画3作も特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル』が開催

空族の富田克也監督による映画『国道20号線 デジタルリマスター版』や、空族が影響を受けたロードサイド映画3作品を特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル<選べ、失え、行け!2022>』が10/15(土)から新宿K’s cinemaで開催される。

NYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が公開

90年代のNYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が、10/21(金)にヒューマントラストシネマ渋谷などで公開される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。