Novelistがキャメロン英首相の声をサンプリングした"Tax The MPs”を公開

南ロンドン・ルイシャムのMC/プロデューサーNovelistがキャメロン英首相らを批判するインストトラック"Tax The MPs”を発表した。カリブ海の租税回避地を利用した合法的脱税行為に関する資料「パナマ文書」によって、亡くなったキャメロン英首相の父親も脱税のために投資ファンドを設立していたことが明らかになったことをうけてNovelistは制作したとみられる。

Novelistは以前にも、2011年のイギリスの都市部で発生した暴動に対するキャメロン首相のコメント「我々のストリートに恐怖の文化が存在することを許さない」をサンプリングした"Street Politician”を発表したりするなど、積極的にストリートにおける政治に対して発言している。

今回Novelistが発表した「議員に税金を(Tax the MPs)」と呼ばれるインストは、キャメロン英首相らの「金持ち議員」、特にトーリーと呼ばれる新自由主義的な政策を支持する保守党議員らに対する激烈な批判だ。

キャメロン首相のサンプリング「強靭な経済がなければ、この国が必要としている無料の国民医療サービスも、学校も、国防もありえない(“Without a strong economy, you can’t have the strong NHS, the strong schools, the strong defence forces this country needs”)」の上に「嘘つき!嘘つき(“Liar! Liar”)」という声を重ねあわせて、シンプルなミリタントなドラムパターンのインストグライムが展開される。

同曲のディスクリプションには「オフショア取引文書?おれらは許さねぇからな。議員に税金を!嘘つき、嘘つき、嘘つきが慌ててる("Off shore files aye? We aint having a bar of it. Tax the MPS.Liar Liar pants on fire.")」というコメントが添えられてる。

 

related

UKのクラブが新型コロナウイルス検査の迅速化とワクチン接種の拡大により再開が可能になるとの見解が示される

新型コロナウイルスのパンデミックにより、昨年以来エンターテイメント産業が大きな打撃を被っている昨今。依然として世界中のクラブが閉鎖を余儀無くされているなか、UKのクラブカルチャーにとって一筋の光明とも言えるニュースが報じられている。

YouTubeで規制されたUKドリルミュージックのビデオがアダルトサイトPornhubに投稿され始める

暴力や殺人をテーマとするギャングスタヒップホップのジャンル、UKドリルシーンのミュージックビデオ30本がYouTubeから削除されたというニュースが先日報道された。様々な動画投稿サイトで規制されたUKドリルは、代わりに規制のゆるいアダルト動画サイト『PornHub』に次々と投稿され始めたとのこと。

UKドリルのクルー1011の音楽活動が警察により実質的に禁止に追い込まれる

先日ロンドンで盛り上がりをみせているUKドリルのアーティストたちのミュージックビデオが、暴力的だとして警察の申し立てによりYouTubeから削除されたというニュースを伝えた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。