この8年でBandcampがアーティストに支払った金額はなんと約163億円!

音楽配信サイトのBandcampが、この8年間に渡って1億5000万ドル(約163億円)、直近の30日だけでも400万ドル(4.3億円)をアーティストに支払ってきたと発表した。

BandcampはDIYの音楽配信サイトで、2016年4月現在100万人のユーザーが登録している。Bandcampの特徴は、何と言ってもそのアーティスト・フレンドリーなビジネスモデルであり、独立レーベルやアーティストたちは既存の配信サービスやストリーミングサービスより、このサイトをカスタマイズして販売することを好むことが知られている。アカウントの作成は無料で、デジタル販売は売上の15%、CDやレコードなどのフィジカル商品の販売は売上の10%の手数料をBandcampに支払うという仕組みだ。(*デジタル販売は売上額に応じて手数料が安くなる)

Bandcamp

Bandcampの創始者たちは、2008年のスタートからの4年間は公共の図書館で仕事を行っていたそうだ。2015年時点で、Bandcampには28人のスタッフが所属し、職場も図書館からシェアオフィスそしてホームオフィスに移り変わっていったそうだ。

related

グローバルな音楽ディストリビューター『SPACE SHOWER FUGA』が誕生

昨日9/1にオランダ/アムステルダムを拠点に業界最先端のディストリビューションシステム、アナリティクスシステム、 印税計算システムなどを提供しているFUGA社とスペー スシャワーネットワークのジョイントベンチャーにより、SPACE SHOWER FUGAが誕生した。

Spotifyのプレイリスト上の楽曲をBandcampで購入出来る便利ツールが登場

長かった2020年もいよいよ終わりに近づき、年末の恒例である各ストリーミングサービスのプレイバック機能で「今年最も多く聴いた楽曲」をチェックしている方は多いだろう。一方でSpotifyのようなストリーミングサービスはアーティストにもたらされる直接的な収益が少ないことが問題視されているが、そんな中、Spotifyのプレイリスト上の楽曲をアーティストへの直接的な還元率が高いBandcampで購入出来る便利なツールが登場した。

音楽ストリーミングサービスでは上位1%のアーティストの楽曲の再生数が全体の90%を占めているという統計が発表

しばしば音楽ストリーミングサイトは、人気アーティストにとっては大きなメリットがあるが、それ以外のアーティストにとってはビジネス的な利点がないことが指摘されてきたが、それを証明するような新たな統計が発表された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。