Xin Sehaのニューシングルから渋谷を舞台にしたミュージックビデオが公開

先日も1stアルバムがSoundcloudで公開されたことについて紹介した80’sのダンスミュージックに影響されたサウンドを蘇らせる韓国人プロデューサーXin Sehaがニューシングル"티를 내 (Timeline)”をリリース、合わせてYoutubeにミュージックビデオをアップロードした。

このミュージックビデオは東京の渋谷で撮られたとみられ、駅の地下道やTrump Roomといったクラブでセクシーでアーバンなサウンドにあわせて誘惑するような視線を投げかけてくるXin Sehaの姿が映し込まれていて、ビザールな仕上がりになっている。現在ニューシングル"티를 내 (Timeline)”はiTunesで配信されていて、オリジナルとリミックスにはなんとあの80’エレクトロの巨匠で今月来日も果たすEgyptian Loverのリミックスが収録されている。

related

ソウルのプロデューサーXin Sehaのニューアルバムがリリース | Mogwaa、Qim Isle、NTsKiも参加

ソウルを拠点に活動しポップやハウス、ファンク、バレアリックなどの音楽を中心とした80〜90年代カルチャーに影響を受け、自身のサウンドに昇華しているプロデューサーのXin Sehaのニューアルバム『1000』が昨日10/27にリリースとなった。 フルアルバムとしては2015年の『24Town』以...

【ミニインタビュー】Mischief | 韓国ウィメンズストリートブランドの先駆け

韓国のウィメンズストリートブランドの先駆けMischiefが4月に原宿・TOXGOで初のPOP UPを開催。POP UPではMischiefの新作をはじめ、VERDYによる"Girls Don't Cry"との限定アイテムも発売され、開店前には多くのファンが列をなした。

韓国で13年ぶりにレコードプレス工場が復活へ

世界的なレコードブームの後押しだろうか、韓国で13年ぶりにレコードプレス工場が復活することになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。