Logan Samaと新興ブランドTrapstarによる、グライムの歴史を伝えるミックステープが登場。

2016年春に始まったばかりのロンドンの新興ストリートブランド、TrapstarとグライムトップDJであるLogan Samaによるシーンの豪華MCが顔を揃えたミックステープ『Trapstar x DJ Logan Sama Mixtape』がSoundcloudで公開された。

レジェンドグループであるNewham GeneralsやRoll Deep、Ruff Squadから、現在のシーンで最も勢いのあるStormzyやSection Boyzなどの若手までグライムの歴史を彩る面々が顔を揃え、同じく名トラックメーカーたちによる強力なトラックでそのフロウを披露している。このミックステープはどんなサウンドによって参加アーティストたちがグライムの魅力にハマったのかをインスピレーションとして作られたもので、ビートはクラシカルなものも多く使われていて、あまり知られていない時代のグライムを伝える内容ともなっている。

related

ロンドンのフェスがAzealia Banksの出演を取りやめる事態に

Twitter上でのAzealia Banksによるたび重なる反同性愛、人種差別発言が理由

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。