SoundCloudのフィードを占拠するRepostを隠せる機能が登場!

2016年1月、SoundCloudのウェブサイト上で個人フィード画面に表示されるRepostを隠せる拡張機能がGoogle Chromeにてローンチされた。

おなじみ、誰でも自分が作った音源をアップロードし共有できる音楽SNS、SoundCloud。TwitterやFacebookなどの他サービスと同様、気になるアーティストやユーザーのアカウントをフォローをしておけば最新情報が自動的に自分のフィード(=タイムライン)に表示されるというものだ。

soundcloud

しかし、この「自動で表示される機能」は時にうっとおしいというのがリアルなユーザー意見である。
SoundCloudの人気に伴い、ユーザー数が増加するにあたってSoundCloudが最も売りにしていた「新しい音楽を発見する」という利点が低下しつつあるのだ。自分のフィード画面がフォローしているアーティスト及びユーザーのRepostで埋め尽くされ、肝心の欲しい情報を見逃しがちになってしまうのである。このため、SoundCloudユーザーの中にはフィード画面を一切見ないという人も出てきている。まさに本末転倒な状態なのである。

そこで、2016年1月ついにそんなユーザー意見を反映した拡張アプリがGoogle Chromeに登場。
Repostを非表示にしフィード画面を収縮させられる機能、その名もSoundShroud(無料)だ。

1

この拡張機能は、Google Chromeにて追加した後、SoundCloudの自分のフィードを開くと左上にSoundShroudのロゴが表示されるようになる。ロゴをクリックすると、「*Hide Repost ON/OFF」「*Perma-Hide ON/OFF」「*Reset Permahide List」という項目が表示されるようになり、クリック一つで自分の好きなようにフィードをカスタマイズすることができる。ON/OFFでスイッチのように簡単に表示設定を変更できるため、Repostの再表示も簡単に行うことができる。SoundCloudに欠けている機能を埋めた大変便利な拡張アプリである。

3

4

via Pigeons & Planes

 

 

related

SoundCloudがファンのサポートが直接アーティストの収益に反映される「Fan-Powered Royalties」システムを導入

インデペンデントなアーティストにとっての大きな課題は、自身の音源からいかにして収益を得るかという点だろう。もちろん現在は様々なサービスにより以前と比べ音源の収益化は容易となっているが、依然としてアーティストに還元される金額の割合が少ないのもまた事実。そんな中、SoundCloudが新たな収益モデル...

Smokepurppが「史上最高のSoundCloudラップ5曲」を選ぶ動画が公開

Lil Pumpと共にSoundCloudラップを牽引してきたことで知られ、先日ニューアルバム『Deadstar 2』をリリースしたSmokepurpp。そんな彼が、「史上最高のSoundCLoudラップ5曲」を選びコメントと共に紹介する動画がComplexから公開された。

SoundCloudが利用規約の変更を予告|新たに15曲以上のアップロードには課金が必要に

気軽に音源をアップロード出来る便利さから多くのアーティストに親しまれるSoundCloud。これまで資金不足や閉鎖の噂、またアップデートに伴う改悪などで物議を醸してきた同サービスが、一般ユーザーにとって重要な変更に踏み切るようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。