Playboi Cartiがリスペクトを公言するFrank Oceanと5曲をレコーディングしたと明かす

5月にはデビューアルバム『Die Lit』をサプライズリリースし、また88risingのアルバム『Head in The Clouds』にも参加したPlayboi Cartiが、Frank Oceanと共に5曲もの新曲をレコーディングしたことを明かした。

ラジオ番組『The Cruz Show』のインタビューにて、Cartiは「Frank Oceanは最高だよ。俺は一ヶ月ほど前にニューヨークで彼と一緒に仕事をして、5曲ぐらい作ったんだ」と語っている。

以前からFrank Oceanへのリスペクトを公言しており、過去には『blonde』に収録された”Nights”の制作に立ち会っていたという彼だが、いよいよ本格的にコラボレーションした作品が発表されるのだろうか。

Frank Oceanは作品をリリースするペースが不規則なことで知られており、Cartiとの曲がドロップされるのは当分先のことになるとの予想がなされている。インタビュアーのCruzに「曲はどこにあるのか」と尋ねられたCartiは「Frankが持ってる。彼はFrank Oceanだから、自分が動きたいときに動くんだよ」とコメントしており、曲を発表するタイミングがFrank Oceanに委ねられていることが伺える。

昨年の始めにもCartiのInstagramにはFrank Oceanとのセッションの様子がアップロードされていたが、結局その曲がリリースされることは無かった。

彼はFaderのインタビューにおいてもFrank Oceanについて尋ねられており、そこでも同様に「彼は本当に才能があるよ。彼は全てをスタジオの中でやって、楽器やらを使って本当によく働くんだ。イかれてるよ。彼は俺に新しいスタイルを見せてくれたんだ。俺たちが作った曲はマジでやばかったけど、みんながそれを聴けるのかは分からない」と、Frank Oceanへの熱いリスペクトと曲が世に出るかどうか分からないことを語っている。

Playboi Cartiにとって念願のFrank Oceanとのコラボレーション曲がリリースされるのかどうかは不明だが、是非とも聴いてみたいものだ。

RELATED

Playboi Cartiのライブに乱入してきたファンがセキュリティに投げられ宙を舞う

大きな盛り上がりをみせるアメリカのヒップホップシーン、好きなラッパーに近づくためにはどんな手を使ってでもやろうという熱狂的すぎるファンが一定数存在するのも確かだ。

Frank OceanとTravis Scottの間でトラブルが発生するもすぐに仲直り

その完成度の高さと大ヒットによって今年を代表するヒップホップアルバムとなったTravis Scottの『ASTROWORLD』。豪華な参加アーティストを迎えて制作された同作だが、中でも“Carousel”におけるFrank Oceanの参加は話題を呼んだ。しかし、そんな両者の間で“Carousel”を巡る問題が発生してしまっていたようだ。

Playboi Cartiが喘息を患っていることを明かす

今年、待望のデビューアルバム『Die Lit』をリリースしたPlayboi Carti。名実ともに現在のシーンきってのラッパーになりつつある彼だが、実はその裏である苦しみを抱えていたようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。