Nipsey HussleがKanye Westの"Make America Great Again"キャップセルフィーの前で"FDT"を披露

ニューアルバムのリリース告知と共にドナルド・トランプ大統領に同調するツイートなどを行い波紋を広げているKanye Westだが、早くからトランプ大統領に反対する姿勢を明確にしていたNipsey Hussleが、ライブである行動に打って出た。

Nipsey Hussleは、ワシントンD.C.で開催されたBroccoli Festivalでのライブで盟友YGとのアンチ・トランプアンセムの"FDT"をパフォーマンス。しかもただパフォーマンスしただけではなく、Kanyeが"Make America Great Again"キャップをかぶったセルフィーをステージに映し出させつつというおまけ付きだ。

#nipseyhussle performed #fdt at the #broccolifest with #kanyewest pic showing

Baller Alertさん(@balleralert)がシェアした投稿 -

Performed #FDT in Washington D.C Picture Speaking A thousand Words ?

Nipsey Hussleさん(@nipseyhussle)がシェアした投稿 -

明快にKanyeの行動に対する姿勢を鮮明にしたNipsey Hussle。同曲のコラボレイターであるYGも同様のメッセージをKanyeに対して送っている。

YGはTwitterに「Kanye、おれたちはお前が大好きだ。でもファック・トランプなんだ」とKanyeに対しては暖かいメッセージを送りつつもトランプ大統領とは手を切るべきだと諭している。

多くのラッパーやアーティストが続々と発言しているKanye Westの昨今の言動。次はどんな動きがあるのだろうか。

RELATED

Kanye WestがTwitterでDrakeへの不満をぶちまける

Kanye WestとDrakeといえば、ともに楽曲を制作する間柄でありながら、ビーフとまではいかないまでも、度々お互いをディスするなど長きにわたり複雑な関係性が続いていることは有名な話だ。だが、今回はそうはいかないかもしれない。Kanyeが自身のTwitterでDrakeへの不満をぶちまけたのだ。

Nipsey HussleがOT Genasisと勘違いされクラブで殴られる

“Double Up”や“FDT”などのヒットで知られるLAのラッパーNipsey Hussleが、クラブでの乱闘騒ぎに巻き込まれたことが伝えられている。また、その乱闘騒ぎの原因となったのは“Everybody Mad”で知られるラッパーOT Genasisだという。

Kanye Westがスケボーのトリックを学ぶ

音楽だけではなくファッションやアート、そしてこれは無知をさらすことになってしまったが政治とKanye Westの好奇心は尽きないようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。