Fitz Ambro$eのレーベルPBMから自身のビートアルバムとGradis Niceによるミックスがリリース

東京を拠点に活動するカナダ出身のビートメイカーFitz Ambro$eが運営するレーベルPBMから、Fitz Ambro$e自身のビートアルバムとGradis Niceによるミックスがリリースとなった。

Fitz Ambro$eは昨年はBudaBroseとしての新作を始め、Kojoeへのビート提供やONRAとのレーベルNBNもスタートさせるなど幅広い活動を行った。

2018年初のビートアルバム『Hypnodical』には、Gradis Nice、16FLIPやBudamunkが参加。自身が最も得意とする80’sソウル~90’s R&Bテイストを落とし込んだ、スイートな内容になっている。マスタリングはaru-2の手による。また同作のティザービデオが公開となっている。

 

そしてもう1作はNYで活動するビートメイカーGradis NiceによるミックスCD。こちらは彼のレコードコレクションから愛を込めてセレクトされた極上のソウルミュージックが収録。

SWEET MIX 三月下旬発売予定。実は最後の方にサウンドクラウドに上げてたバージョンには入ってないシークレットトラックが入っています。そのトラックは Fitz Ambro$e がミックスからサンプルして作ったビートが入っています。皆さん宜しくお願いします?

-Gradis

Info

S__78340115

アーティスト:Fitz Ambro$e
タイトル:Hypnodical
Run Time : 32:00
品番:PBM 009
レーベル : PBM
配給:Jazzy Sport
発売日:3月下旬入荷予定
税抜販売価格:1620円

http://diskunion.net/portal/ct/detail/1007617763

S__78340117

アーティスト:Gradis Nice
タイトル:Sweet Mix
Run Time : 72:44
品番:PBM 010
レーベル : PBM
配給:Jazzy Sport
発売日:3月下旬入荷予定
税抜販売価格:1620円

http://diskunion.net/portal/ct/detail/1007619613

RELATED

Jazzy Sport Kyotoで新パーティーがスタート | 1回目にはFitz Ambro$eやPhennel Kolianderなども出演しエントランスフリーで開催

今年の3月にオープンし良質な音楽と極上のマグロ丼を提供しているJazzy Sport Kyotoを舞台にした新パーティーがスタートする。

Fitz Ambro$eを招きCIRCUS OSAKAで『Drawing』が開催

BudamunkやSubmerse、5lack等と共に楽曲をリリースし、昨年はONRAとのレーベル”NBN Records”を始動させたカナダ出身のアーティストFitz Ambro$e が、8/3(金)にCIRCUS Osakaで開催されるイベント『Drawing』でライヴセットを披露する。

Fitz Ambro$eとSubmerseによる80'sからインスパイアされたコラボ作『Villa Rosa』が5月にリリース

東京を拠点に活動するビートメイカーFitz Ambro$eとSubmerseによるコラボ作『Villa Rosa』が、レコードとデジタルで5月にリリースされる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。