Kojoeの"BoSS RuN DeM"に5lack、RUDEBWOY FACE、kZmが新たに参加したリミックスが公開

Kojoeの最新アルバム『here』のリードシングルでAkaneとAwichをフィーチャーした"BoSS RuN DeM"に、新たに5lack、RUDEBWOY FACE、kZmが参加したリミックスがYoutubeで公開された。

Kojoe自身が手がけたダンスホールレゲエやトラップなどのハイブリッドとなっているビートに、5lack、RUDEBWOY FACE、kZmというヒップホップ、ダンスホールシーンの雄がクロスオーバーした1曲に。なおこのリミックスは5lackの呼びかけで制作されたものだという。

Info

KOJOE

アーティスト:KOJOE(コージョー)
タイトル:here (ヒア)
発売日:2017年11月15日
品番:PCD-25245
レーベル:P-VINE, Inc. / JAZZYSPORT
税抜販売価格:2500円

<トラックリスト>
01. KING SONG Feat. Mayumi
Prod by illmore
02. Smiles Davis Feat. Dusty Husky & Campanella
Prod by illmore
03. PenDrop Feat. ISSUGI
Prod by Kojoe
04. Prodigy Feat. OMSB, PETZ, YUKSTA-ILL, SOCKS, Miles Word, BES
Prod by Kojoe
05. 80 Connections
Prod by BudaMunk
06. Memory Lane Feat. DAIA
Prod by illmore
07. Tokyo City Lights Feat. Ace Hashimoto & 5lack
Prod by Devin Morrison
08. Salud Feat. MUD & Febb
Prod by Kojoe
09. Road Feat. Buppon
Prod by illmore
10. Mayaku
Prod by illmore
11. Cross Color Feat. Daichi Yamamoto
Prod by fitz ambro$e
12. PPP
Prod by Dehab
13. to my unborn child
Prod by illmore
14. 3rd "I"
Prod by Olive Oil
15. BoSS RuN DeM Feat. AKANE & Awich
Prod by Kojoe
16. Day n Nite
Prod by SNKBUTNO
17. here
Prod by Aaron Choulai
18. Everything Feat. RITTO
Prod by Kojoe

RELATED

Smokepurppの初来日公演が東京・大阪で開催 | MIYACHI、Awich & kZm、Jin Doggなどが共演

マイアミの新世代のシーンを代表するラッパーのSmokepurppの初来日公演が、9/27(木)に東京・Vision、9/28(金)に大阪・The Pinkで開催される。

バーニーズ ニューヨーク六本木店でJP THE WAVYとkZmによるスペシャルライブが開催

BARNEYS NEWYORK六本木店にて9/15(土)〜9/17(月)の三日間開催されるイベント『thedropTYO@barneys』。初日のにJP THE WAVYとkZmが登場、スペシャルライブパフォーマンスを行うこととなった。

【インタビュー】KOJOE 『2nd Childhood』 | 子供のように自由に

昨年KOJOEがリリースしたアルバム『here』は、それまでKOJOEが親交のあったアーティストに加え、ライブで巡る土地土地などで出会った新しいアーティストも参加し、新境地の作品となった。 その後も順調に制作を続けたKOJOEは、わずか9ヶ月でニューアルバム『2nd Childhood』をつく...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。