2017 Best Or Worst by Sampling-Love

早いもので2017年も、もう12月。今年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

blogやTwitterで国内外のプロアマ問わずの音楽情報から、アート、生活情報のポストを行うSampling-Loveの今年のベストは?

2017 Best by Sampling-Love

片耳Bluetoothイヤホン『GoNovate G8 肌色』

gonovate_g8_01-1

コメント

内容が最高に格好良く、話題のアイドルにも目を付けられ、ポップアップショップまでやったKendrick Lamar - 『DAMN.』、子供の幼稚園の願書提出時、徹夜で並んでいる時に見たという状況もあり、色々子供の将来のことも合わさって考えさせられた映画『MOONLIGHT』(サントラも良かった)などなど、色々刺激を受ける音楽や映画は多々ありましたが、それらを抑えこのBluetoothイヤホンが私の生活を一番激変させました。

以前は会社でのラジオ、音楽リスニングをするのに線付きのイヤホンを使用しており、プリントアウトしたものを取りに行く時やちょっとしたことでも外さなくてはいけなく、集中が度々途切れていたのですが、その煩わしさをクリアしたのはもちろん、肌色というのもありほとんど気付かれないという点も気に入っております。時折補聴器に間違えられ事情を聞かれるのが面倒なくらいです。

ちなみに1つ目は現在も現役、ローテ用に買った2つ目は一回駅で落とし数日後落ちているのを見つけ使っていましたがその後また落とし紛失、3つ目は全く同じ形の違うメーカー製(無地肌色ツヤ有のヤツ、同じ工場なのかな...)を購入するも接続があまりに悪く返品、4つ目は2週間で故障、5つ目は現在ローテーション中という状況であります。

何故コレじゃなきゃいけないのかというのはうまく説明出来ませんが、接続に問題がなくバッテリーも数時間持ち、音質もさほど気にならないし、最初に買ったものが壊れていないというところで、他のものを買ってためそうという気にならない程度に気に入っており、コレ無しでは生活出来ない域に入ってきております。

おすすめは最小のイヤーピースにして、外の音を聴こえるようにそこまでガシッと付けないことでしょうか。はめていると無意識に声がデカくなるのも注意です。あと2つをローテして使い一つのイヤーピースを色変えると言った感じでしょうかね。おもったより小さいので、画像で見るほど猥褻な玩具には見えませんのでご安心を。

Sampling-Love

samplinglove

音楽業界とは無縁の職場にて労働する傍ら、ブログ更新とTwitter活動を続けており、国内外のプロアマ問わずの音楽情報から、アート、生活情報のポストまで、日々ほどほどに取り組んでおります。

http://samplinglove.blog94.fc2.com

RELATED

ベストサマーチューン 2018 Selected by Sampling Love

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』が今年も帰ってきました。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

2017 Best Or Worst by ANI(スチャダラパー)

2017年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

2017 Best Or Worst by Giorgio Blaise Givvn

2017年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。