The fin.が新曲"Pale Blue"を公開 | ワンマンやOGRE YOU ASSHOLE、WONKも共演するツアーも決定

The fin.が本日6/23に未発表の新曲"Pale Blue"を、自身のSoundCloudやSpotify、Apple Music、LINE MUSICなどの音楽ストリーミングサービスで公開した。

5/12にも"Afterglow"を音楽ストリーミングサイトで公開し、Spotify
UKの人気PLAYLIST『New Music Friday UK』に取り上げられるなど話題となっていた。新曲"Pale Blue"の視聴はこちらから。

また彼らは9月に日本では1年半ぶりとなるワンマンライブを東京と大阪で開催する。9/18(月・祝) 梅田Shangri-La、9/23(土) 渋谷WWW Xにて行われる。また9/8(金) 仙台enn 2ndでOGRE YOU ASSHOLE、9/15(金) 名古屋CLUB UPSETでWONKとの2マンライブも合わせて発表されている。チケットは本日の12時よりオフィシャルサイトにて先行予約の受付が行なわれている。

Info

the.fin
『Pale Blue』
2017年6月23日 配信
ストリーミング配信サイト
Spotify / Apple Music / LINE MUSIC / Google Play Music / AWA / KKBOX

SoundCloud リンク
https://soundcloud.com/thefinmusic/pale-blue/

【The fin. Tour 2017 in Japan】

thefin.

2017年9月8日(金) 仙台 enn 2nd
OPEN 19:00 / START 19:30
w/OGRE YOU ASSHOLE

2017年9月15日(金) 名古屋 CLUB UPSET
OPEN 19:00 / START 19:30
w/WONK

2017年9月18日(月・祝) 梅田 Shangri-La
OPEN 17:30 / START 18:00
ワンマン

2017年9月23日(土) 渋谷 WWW X
OPEN 17:30 / START 18:00
ワンマン

ADV ¥3,500 / DOOR ¥4,000 (Drink代別)
一般発売日: 7月22日(土)

<オフィシャルホームページ先行予約受付>
期間: 6月23日(金) 正午12:00〜7月3日(月) 23:59
受付: http://thefin.jp/

 

RELATED

『CORONA SUNSETS SESSIONS OSAKA』にThe fin.、SIRUP、UQiYOが出演 | 入場者の応募受付中

カットライムを挿して飲むスタイルで世界中に愛されている「コロナエキストラ」。ブランドメッセージである「This Is Living.」を体現する⾳楽イベント『CORONA SUNSETS SESSIONS』が11/17(⼟)に⼤阪・パームガーデン舞洲にて開催する。

The fin.とPAELLASの初となる2マンがWWWのライブシリーズ『dots』で実現

過去にはiriと向井太一や向井秀徳と前野健太が行ってきた東京・渋谷のWWWが企画する2マンライブシリーズ『dots』が、9/28(金)に開催される。

The fin.の中国ツアーの模様を収めたショートドキュメンタリーが公開 | 7月にはモンゴルのフェスにヘッドライナーで出演

The fin.が3月にリリースしたアルバム『There』のリリースツアーの一環として行った中国ツアー。全8か所の公演がすべてソールドアウトしたこのツアーの模様を収めたショートドキュメンタリーが公開された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。