DJ KRUSHがソロ活動25周年を祝うラップアルバム『軌跡』をリリース。5lackやOMSB、RINO LATINA IIなどが参加

日本のヒップホップシーンの草創期から活動するDJ KRUSHが、今年2017年で活動25周年を迎える。記念すべき今年の活動テーマである『軌跡』を、タイトルに掲げたラップ・アルバムを6/7にリリースする。

意外にもキャリア初となる国内のラッパーを招いたアルバムとなる『軌跡』には、5lackやOMSB、RINO LATINA II、呂布カルマ、R-指定、志人、チプルソ、Meisoといった個性あふれるラッパーたちがフィーチャーされている。

DJ KRUSHの円熟のビートで、このラッパーたちがどのようなリリックを放つのか、注目が集まること必至だろう。

また5/27には東京・渋谷のSound Museum Visionでリリースパーティーの開催も決定した。スペシャルゲストも多数登場とのことで、どのようなラインナップとなるだろうか。

Info

アーティスト : DJ KRUSH (ディージェイ・クラッシュ)
タイトル : 軌跡 (キセキ)
レーベル : Es・U・Es Corporation
発売日 : 2017年06月07日(水)

●2LP完全生産限定盤●
品番 : Es81-2017A
仕様 : 2LP(Main Ver.のみ収録です。)
税抜価格 : 3,241円

●CD通常盤●
品番 : Es81-2017B
仕様 : CD
税抜価格 : 2,500円

●CD完全生産限定盤●
品番 : Es81-2017C
仕様 : 2CD(INST CD付属)
税抜価格 : 3,500円

収録曲 : 全10曲前後収録予定、詳細は確定次第再度ご案内差し上げます。

feat. アーティスト(読み五十音順)
R-指定
OMSB
志人
5lack
チプルソ
Meiso
RINO LATINA II
呂布カルマ

▲▲▲DJ KRUSH - NEW ALBUM 「軌跡」 RELEASE PARTY▲▲▲

日時: 2017年5月27日(土曜日)
開場/開演: 23:00
会場: 渋谷SOUND MUSEUM VISION
前売券: 2,800円
当日券: 3,500円
※会場にて「軌跡」先行発売予定!!!

▼GAIA ACT
DJ KRUSH
and SPECIAL GUESTS

DJ KRUSHがソロ活動25周年を刻む
初のラップアルバム「軌跡」のリリースパーティー。

RELATED

5lackやPushim、Rudebwoy Faceなどが参加したAKANEのニューアルバム『AkaneAMG』が来週リリース

昨年はレーベルメイトのRudebwoy Face, Rueed, Killa Namiに加えPushimと共に全国ツアーを周り、他ジャンルのアーティストとの客演でも話題を集めたAKANE。 進化を続ける彼女の4thアルバム『AkaneAMG』が、1/16(水)にリリースされる。今回初共演が実現...

大注目のVaVaが2月に2ndアルバム『VVORLD』をリリース | OMSB、tofubeats、KID FRESINO、okadadaなどを迎えたリリースパーティも開催

VaVaは2018年元旦に発表した"Call"をきっかけに、今まで以上に精力的な楽曲制作に取り組んできた。その成果として8月に『Virtual』、10月には『Idiot』、そして12月には『Universe』の3作のEPをリリースし、大きな話題を呼んだ。

5lackの新作『KESHIKI』から"DNS"のミュージックビデオを公開 | アルバムのデジタル配信も決定

5lackがリリースしたニューアルバム『KESHIKI』から、Fumitake Tamuraがビートを手がけ、LOW END THEORYのDaddy Kevがミックスを手がけた"DNS"のミュージックビデオを公開した。 自身でディレクションを手がけたモノクロな色調やエフェクトがかかったミュー...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。