岡田舜

アナログノイズやファミコンのバグへの関心を元に自身の表現を行う岡田 舜の個展『砂嵐』がgallery communeで開催

アナログノイズやファミコンのバグなど初期のデジタル現象に関心を持ち、デジタルとアナログの中間を探るような絵画表現を行っている岡田 舜による個展『砂嵐』が、東京・幡ヶ谷のgallery communeで11/20(金)から開催される。

ファミコンの「バグ」画面のアーカイブを試みる美術家・岡田舜による初個展『RETROJECTIVE』が開催

主に「バグった」ファミコンの画面を描く美術家・岡田舜が初の個展『RETROJECTIVE』をTAV GALLERYにて開催する。