Stones Taroが1stアルバムから先行シングル"Deepest Downtown"をリリース

Stones Taroが近日リリース予定の1stアルバムからの先行シングル"Deepest Downtown"をリリースした。

京都に拠点を置きつつ世界各国のレーベルから数々のヒットリリースを重ねてきたプロデューサー/DJとして知られるStones Taro。『Fuji Rock Fes.』や『Rainbow Disco Club』そして英国でのツアーと、ここ数年活動範囲を大きく広げてきた彼の待望のファーストアルバムが6月後半にリリースされることがアナウンスされた。

今回リリースされた"Deepest Downtown"は、彼のこれまでの中核的な音楽スタイルであったUKガラージをベースにしているものの、ミニマルなベースラインと深みのあるサウンドデザインによってフレッシュなスタイルが確立され、"Dwellers Of The Seabed"というアルバムコンセプトが伺える一曲になっている。

Info

■Release Title
Stones Taro - Deepest Downtown

■Release Label
NC4K

■Track List
Stones Taro - Deepest Downtown

■Release Date(Streaming Only)
31th May 2024

■Pre-Save Link
https://ffm.to/nc4kal001s

RELATED

Stones Taroが海底での架空の文化や生活をテーマにした1stアルバム『Dwellers Of The Seabed』をリリース

Stones Taroが1stアルバム『Dwellers Of The Seabed』を6/21(金)にリリースした。

Stones TaroとKaorukoによる3曲目のコラボシングル"Diamond"がリリース

京都在住の注目のプロデューサーStones TaroとシンガーのKaorukoによる"YOU WORRY"、"Monstera"に続く3曲目のコラボシングル”Diamond”が本日8/16(水)にリリースとなった。

KaorukoとStones Taroによるコラボ曲”Monstera”がリリース

2月にEP『opal』をリリースしたばかりのシンガーKaorukoと、京都拠点のDJ/プロデューサーStones Taroがシングル"Monstera"をリリースした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。