Joe Cupertinoが新アルバムより"わがまま feat. 鈴木真海子"を先行リリース

古今東西、様々な音楽ジャンルを越境する、アメリカ生まれのバイリンガルMCであるJoe Cupertinoが6月リリース予定の新アルバム『RE:』より"わがまま feat. 鈴木真海子"をリリースした。

今作は2年程前から形にはなっており、タイミングを見計らう中でJoeの新アルバム『RE:』のリードシングルとしてリリースしたという。ラップデュオ・chelmicoのメンバーとしても知られる鈴木真海子を客演に迎えどこかノスタルジックなトラックに乗る歌は、わがままという本来自分本位な感情が年を重ねるにつれて減っていくことを表現している。ミックス・マスタリングは、盟友であるT-Razorが担当。アートワークは、Satoshi Horiが担当している。

今回のシングルが収録されており、Joe Cupertinoの「再生」をテーマにした新アルバム『RE:』は6/19(水)にリリース予定。今作についてJoeは「色んな意味がある言葉だからこそ、この曲を通して、アルバムを通して聴き手のみんなが感じてくれた解釈全てが答えだと思ってるし、僕も『これ!』っていう答えは持ってない。何回も聴いて自分なりの答えを見つけたら僕に教えてください!(本人インスタグラムより引用)」と語っている。

Info

Joe Cupertino "わがまま feat. 鈴木真海子"
Digital | JCP-002 | 2024.05.15 Release
Released by AWDR/LR2
https://ssm.lnk.to/Wagamama ]
Lyrics : Joe Cupertino, 鈴木真海子 / Music : T-Razor
Mixed and Mastered by T-Razor


Joe Cupertino『RE:』
Digital | JCP-005 | 2024.06.19 Release
Released by AWDR/LR2
https://ssm.lnk.to/RE_ ] PRE-ADD/PRE-SAVE

RELATED

新イベント『DAE』が開催 | hyunis1000、Big Animal Theory、 It-Works、E.O.U、Joe Cupertinoなどが出演

デイタイムから楽しむダンスミュージックをコンセプトに置いた新イベント『DAE』が東京・表参道WALL&WALLにて3/31(日)に開催される。

Joe Cupertinoがニューシングル『EMERALD / SOUL』をリリース

ジャンルをクロスオーバーするラップスタイルで進化し続けているラッパー / ビートメイカーのJoe Cupertinoが、2曲入りのシングル『EMERALD / SOUL』を本日10/20(金)にリリースした。

Marfa by Kazuhiko Fujitaによるイベント『Yates』がC.O.S.A.、Joe Cupertino、Kohjiya、Lil’ Leise But Goldなどを招き開催

シルクスクリーンを駆使しての独自のアイテム制作や様々なミュージシャンなどへのデザイン提供で知られるアーティストKazuhiko Fujitaが主宰するプライヴェートブランドMarfa by Kazuhiko Fujitaが、ライブイベント『Yates』を12/10(金)にEBISU BATICAで開催する。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。