MFSがStones Taroプロデュースの新曲"Combo"を今月リリース

MFSが、新曲"Combo"を1/24(水)にリリースする。

Spotifyが躍進を期待する次世代アーティスト「RADAR: Early Noise 2024」に選出されたばかりのMFSによる新曲は、京都在住のプロデューサーStones Taroがトラックを提供した1曲。次のステージへと駒を進める意欲作となっているという。

2024年は怒涛のリリース予定が控えているというMFS。今後にも注目が必要そうだ。

Info

digiral single  MFS “Combo”

URL: https://orcd.co/mfs_combo

1月12日よりPre-add/Pre-saveがスタート

2024年1月24日 各種配信サービスにて配信予定

RELATED

MFSが新曲"SAICO"をリリース

MFSがStones Taroプロデュースによる"Combo"に続く新曲“SAICO”を本日2/14(水)にリリースした。

【インタビュー】MFS | ごちゃ混ぜな自分をもっと解放したい

大阪を拠点とするヒップホップコレクティブTha Jointzのメンバーとしても活動するMFSは、昨年世界的な人気ゲーム『Over Watch 2』に"BOW"が採用されてから、目まぐるしく環境が変わっていったが、それはアーティストとしての姿勢にも通じるようだ。

『adidas con by atmos』が今週末に開催 | フリーライブにはSEEDA、MFS、CFN Malik & Jellyyabashi、Tade Dust、ASOUND、Youth Of Rootsなどが登場

スニーカーセレクトショップのatmosとadidas Originalsが「ひとつのオリジナル、それぞれのスタイル。」をいテーマにしたイベント『adidas con by atmos』を今週10/14(土)と10/15(日)にJingHarajukuで開催する。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。