EASTAが『Red Bull 64 Bars』にさらに64小節を加えた"128 Bars"をリリース

『Red Bull 64 Bars』への出演でも話題となったEASTAが、同企画にて披露したバースに更に64小節を追加した楽曲"128 Bars"をリリースした。

KVGGLVとのユニット=SUMMER SNOWMANとしても活動し、プロデューサーNAOtheLAIZAとのコラボアルバム『T.U.R.N.』のリリースも記憶に新しいEASTA。ビートは盟友NOTYPE 9が手がけており、既にYouTubeに公開されている「Red Bull 64 Bars」に、倍のビートを足すというパワフルかつテクニカルなEASTAらしい試みを行っている。

Info

リリースタイトル:128 Bars
アーティスト:EASTA & NOTYPE 9
配信リンク: https://linkco.re/H6QFbCgp
配信日:2023年11月6日(月)

RELATED

EASTAとNAOtheLAIZAによる人気曲"笑って生きる"のリミックスEPがリリース | DJ B=BALL、NOTYPE 9、KESSOが参加

KVGGLVとのユニット=SUMMER SNOWMANでも注目を集めるEASTAと、韻踏合組合「一網打尽」などのスマッシュヒットや般若、ジャパニーズマゲニーズなどのプロデュースやエンジニアを手がけるプロデューサー、NAOtheLAIZAに人気曲"笑って生きる (Remix)"のリミックスEPが発表された。

新世代アーティストにフォーカスしたプロジェクトO.B.Sから7枚目のコンピレーションEPがリリース|EASTA、Carz、STARKIDSのBENXNI&TAHITIらが参加

新世代アーティストにフォーカスを当てたプロジェクトO.B.Sが3月23(水)に7枚目のコンピレーションEP『O.B.S vol.7』をリリースする。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。