KOTA OKUDAによるアメリカ紙幣をテーマにしたアート作品がGR8で限定発売

アーティストのKOTA OKUDAによる新作が原宿のセレクトショップGR8で限定発売となる。

OKUDAは資本主義と価値の不思議を、アメリカ貨幣やクレジットカードのモチーフで様々な素材やスケールで錬金術的に表現してきた。

KOTA OKUDA Banknote Art Print ¥55,880(tax included)
size : 縦 38.5cm x 横 91cm serial number : #1~ 50 / 50

今回の新しい作品は、エンボス加工に加え、紙幣の質感を追求した紙質も高級感のある仕様になっており、アートワークの構造や解体解説を盛り込んだANATOMY BOOKと証明書がそれぞれ付録。また、作品の特徴として、細かく検証されたデザイン要素以外にも、両面の特殊大判印刷に偽造防止加工とマイクロ文字が随所に盛り込まれている。

1ドル紙幣は、最も低く、最も控えめな額面です。 しかし、それは基礎的な単位でもあり、他のすべての紙幣を崩せる単一の単位でもあります。

奥田浩太は、作品の中で1ドル紙幣を細密に観察します。 彼はそれを膨らませ、あれこれ詮索し、再構成し、再文脈化します。私たちの心と生活の中で紙切れと見做される、象徴的な($1)通貨の価値は、 奥田を魅了します。

奥田の1ドル札の扱い方、それを構成する多くの要素の取り扱いにおいて、 私たちはお金とその力、そしてその美学についての、先入観を再考せざるを得ません。

奥田は経済に関する問題を提起するだけではありません。 彼はまた、ドルの純粋で難解な美しさで遊んでいます。アメリカで人気の建国の父の肖像画から不吉なラテン語のテキスト、すべてを見通す目と紙幣の背景の密集した網模様の不可思議な不気味さまで、奥田はおなじみのものを再び新しくなるまで操作します。

奥田の作品は、因果関係のとらえどころのない性質についても語っています。
たった1つの小さな変化、そして私たちのほとんどにとって1ドルは単なる小銭であり、 世界全体にどのように影響を与えることができるでしょうか? 蝶の羽のささやきがどうして世界の反対側に一陣の風をもたらすことができるでしょうか?

現在、1 ドル札は 130億枚近く流通しています。
これは、ほぼ130億の最後のチャンスであり、新たなスタートです。130億の蝶の羽は、1つの小さな羽ばたきで、創造的な方法と破壊的な方法の両方で響き渡ることができます。

Info

抽選開始日: 12 月 16 日(金) 12:00 – *抽選はすでに終了となっております 

販 売 方 法 : GR8 SNS およびニュースレターをご確認ください

related

小澤雅志の新作個展『Woman,Flower,Music』が開催 | オープニングレセプションにはG.RINAやBim One Productionのe-muraと1TAもDJで参加

目黒のギャラリー月極 & メグロネオンで画家の小澤雅志による個展『Woman, Flower, Music.』が、12/10(土)から開催される。

ベルリンを拠点にするアーティストSTEFAN MARXの個展『KEEP IT LIKE A SECRET』がSALT AND PEPPERで開催

ベルリンを拠点にするアーティストSTEFAN MARXの個展『KEEP IT LIKE A SECRET』が、11/23(水・祝)から恵比寿のSALT AND PEPPERで開催される。

DMB PRODUCTIONによるアートショー『DAYS OF MELLOW BLACK』が開催

カルチャーレーベルのDMB PRODUCTIONが主催するアートショー『DAYS OF MELLOW BLACK』が、世田谷区下馬にあるIHNERIT GALLERYで11/5(土)から開催される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。