Bonberoが東京、大阪を巡るツアーを開催 | "Bandit"のミュージックビデオも公開

最新EP『Bandit』をリリースしたばかりのBonberoがタイトル曲“Bandit”のミュージックビデオを公開した。

ミュージックビデオは“Billy Manday feat noma”も手がけ、他にも般若やAK-69、Jin Doggなどの作品を手がけてきた南虎我によるもの。

また合わせて『Bonbero Bandit Tour』も東京と大阪で開催されることになった。ツアーは1/21(土)にCIRCUS OSAKA、1/31(火)に渋谷WWWの2会場で行われる。EPでもプロデュースを手掛けているasciiと盟友Tade Dustも参加する。

チケットは先行受付が本日から開始した。

Info

Bonbero Bandit Tour
2023.1.21 (SAT) @ CIRCUS OSAKA
2023.1.31 (TUE) @ SHIBUYA WWW
OPEN 19:00 / START 20:00
with Tade Dust & ascii
オフィシャル先行(e+/先着): 受付期間:

12月8日19:00~12月15日(木)23:59
受付URL:https://eplus.jp/bonbero0121-31/

Artist: Bonbero (ボンベロ)

Title: Bandit (バンディット)

Label: Mary Joy Recordings

https://bonbero.lnk.to/Bandit

TRACK LIST:

1. Bandit (produced by ascii)

2. 一心不乱 (produced by TAXON)

3. Swervin (produced by ascii)

4. Karenai (produced by RAV BEATS)

5. 20 Freestyle (produced by KBEATS)

6. Pretend (produced by TAXON)

related

【インタビュー】Bonbero 『 Bandit』 | 作品を1人で完成させること

 千葉出身で16歳でキャリアをスタートさせたラッパーのBonbero。SoundCloudで公開していた楽曲でもそのスキルフルなフロウがジワジワと話題を呼び、同郷・千葉のTade Dustとのコラボ作や自身のEP『Knock It Down』ではUKからの影響を感じさせるスタイルを披露してきた。

Bonberoが決意表明となるEP『Bandit』をリリース | 客演無しでasciiやTAXONがビート提供で参加

Bonberoが、本日11/30(水)に最新EP『Bandit』をリリースした。

Bonberoがライブでは人気曲となっている"Karenai"をリリース

千葉出身で19歳のラッパーBonberoが新曲"Karenai"を、11/2(水)にリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。