正体不明のプロデューサーBig Animal TheoryがC.O.S.A.をフィーチャリングに迎えた新曲"Drowning in Emotions"をリリース

正体不明のプロデューサーBig Animal TheoryがC.O.S.A.をフィーチャリングに迎えた新曲"Drowning in Emotions"を、本日11/16(水)にリリースした。

匿名で活動を続けるBig Animal TheoryはUKガラージ、ポストダブステップ、ヒップホップなどの文脈に沿った色鮮やかでありながらも内省的な楽曲がシグネチャー。"Drowning in Emotions"はポジティブなことだけではなく、焦燥感や怒りなど様々な感情を歌詞にするC.O.S.A.の姿勢に感銘を受けたBig Animal Theoryが、C.O.S.A.に声をかけたことで制作されることになった。アートワークおよびMVは、Big Animal Theory、監督 Pennacky、写真家のKentaro Murata、そしてプロデューサー室谷恵が中心となって議論し、撮影を行った。スタイリングにOzzy's vision、そして衣装にGEEK OUT STOREを迎えてMVの撮影が行われた。

Big Animal Theoryは自信の作品および活動が"社会の中で抑圧され、脆弱さや疎外感を感じている人々に寄り添うHaven"であって欲しいと願っている。Havenとは安息地の様な意味合いである。活動をとおして、孤独を感じることや、社会に対して不信感や不安、怒りを感じることは間違ったことではなく、抑圧される自分自身に嫌悪を感じる必要はないというメッセージを伝えたいと考えている。(Big Animal Theory)

Info

メインアーティスト:Big Animal Theory

フィーチャリングアーティスト:C.O.S.A.

楽曲名:Drowning in Emotions

配信リンク:https://friendship.lnk.to/DrowninginEmotions

related

正体不明のビートメイカーBig Animal Theoryがralphをフィーチャーした新曲"Writhing In Agony"をリリース

イギリス在住で正体不明の日本人ビートメイカーBig Animal Theoryが、ラッパーのralphをフィーチャーした新曲"Writhing In Agony"を、本日1/8(金)にリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。