digicoreシーンで注目を集めるokudakunが1stアルバム『my song file.1』をリリース | lazydoll、nyamura、saikyo、uamiが参加

2020年から音楽活動を始めたたokudakunが、デビューアルバム『my song file.1』を11/4(金)にリリースした。

SoundCloudを舞台に盛り上がるdigicoreシーンで注目を集めてきた19歳のokudakunは、ビートメイクとボーカルの両輪で数多くのアーティストと精力的にコラボレーションを行なっている。

アルバムのコンセプトは「パーソナル」で、本作の制作は、好きな音の表現を第一に、無意識の決まりごとを取り払っていくプロセスだったという。okudakunが表現してきた射幸的でアッパーなデジタルサウンドの裏側に入り込むことで、本来のシャイな自画像を描くことに挑戦した。

客演ではlazydoll、nyamura、saikyo、uamiが参加しており、"2003"では、シューゲイザーとハイパーポップを架橋する試みも行っている。

Info

link: https://linkco.re/CBePzmQx

【info】

Album Title: my song file.1

1.daiagram

2.misty maze

3.shi6歪む(feat.lazydoll&nyamura)

4.houkago ʕ⁎̯͡⁎ʔ༄(feat.saikyo)

5.Re:set system

6.badguymakestory

7.2003

8.寄りみち(feat.uami)

Release Date: 2022.11.4

related

【インタビュー】okudakun × lazydoll | 「パンピ」のままで承認されたい

SoundCloudを舞台に、フレッシュな感性が光る若き音楽シーンが誕生している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。