東京を拠点に活動するシンガーのKaorukoがkZmをフィーチャーした"baby face"をリリース

東京を拠点に活動するシンガーのKaorukoが、kZmをフィーチャーした新曲"baby face"を本日10/5(水)にリリースした。

kaorukoは横須賀生まれ新宿育ちで、ポップス、ヒップホップ、ロック、ダンスミュージックなど、様々なジャンルから影響を受け、自身でも楽曲制作を行うアーティスト。4th EPをkZmが今夏始動したレーベルのDe-void*からリリース予定で、この楽曲はそこからの先行シングルとなる。

フィルターハウスを基調としたアクティブなベースラインが特徴的なサウンドに、Kaorukoの落ち着きがありながらも伸び伸びとした歌声が合わさる。「東京で遊ぶ私たちの曲です」とKaoruko自身が語るように、東京のナイトライフを感じられるものになっている。プロデュースはJUBEE、chelmico、MANONなどを手がけるTOKYO HEALTH CLUBのTSUBAMEが行った。

Info

■Kaoruko “baby face feat. kZm” 

各種配信URL

https://linkco.re/BCyuhb0v

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。