Skaaiが英語、日本語、韓国語を駆使した新曲"HOMEWORK"をリリース

BIMをフィーチャーしたシングル"FLOOR IS MINE"が話題となっているSkaaiが、新曲”HOMEWORK”を本日8/24(水)にリリースした。

夏の終わりに贈る最新曲"HOMEWORK"は、英語、日本語、韓国語のトリリンガルで高次元のラップスキルと、クールで鋭く、ユーモアに溢れるリリックが味わえる。プロデューサーは前作同様、盟友のuin(ユイン)が手掛け、ミックスとマスタリングはKMの手によるものだ。

Info

Artist: Skaai

Title: HOMEWORK

Release Date: 8/24

Label: Mary Joy Recordingshttps://skaai.lnk.to/HOMEWORK

related

【インタビュー】Skaai × uin 『BEANIE』| オレはこれだけやってるぜ。みんなはどう?

2020年、SoundCloudでの楽曲発表を契機に、『ラップスタア誕生2021』での活躍をステップとし、人気マイクリレー企画『RASEN』への参加や大型ヒップホップフェス『POP YOURS』への出演などまさに破竹の勢いでこの2年間を疾走した新進ラッパー、Skaai。

Skaaiが初のEP『BEANIE』をリリース | BIM、Daichi Yamamotoが客演で参加し全曲をuinがプロデュース

BIMを客演に迎えたシングル”FLOOR IS MINE"やyonawoのシングル"tokyo feat. 鈴木真海子, Skaai"への参加など勢いに乗るSkaaiが、初のEP『BEANIE』を9/21(水)にリリースする。

【鼎談】荒谷翔大(yonawo)× 鈴木真海子(chelmico)× Skaai | 「俺らで何かできたら良くない?」って盛り上がったのが“tokyo”のきっかけ

yonawoは今年から関東のとある街の一軒家でメンバー全員が共同生活している。通称「yonawoハウス」。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。